AMD HEROES

twitter
facebook
line

今X370のMini-ITXマザーでつくる小型で光るカッコいいRyzen搭載PCがアツい!

文● 藤田 忠 編集●ジサトラ ハッチ
LEDイルミネーション機能を備えるMini-ITXマザーボードが増えてきたことにより、サイドパネルを備えるコンパクトなPCケースを使い、色鮮やかに彩る小型なRyzen搭載PC自作の幅が広がったぞ

 最近、コンパクトなPCケースにも、サイドパネルに強化ガラスを採用した製品が増えてきている。また、X370チップセット対応のMini-ITX規格のマザーボードにも、LEDイルミネーション機能を備えたモデルが登場しており、Ryzenを搭載する小型ながら魅せるPCを組めるようになってきた。

 そこで今回は、LEDイルミネーション機能を搭載する、旬なPCケースやマザーボードをチョイスして、Ryzen搭載の魅せるPC自作構成を紹介したい。コスト度外視で、あくまで見た目を重視した構成なので、参考程度と考えてほしい。

 肝心のCPUは、Ryzen 7 1700(実売価格3万4300円)を選んだ。あくまで今回は、見た目のみを考えているので、CPUやストレージ、メモリー容量は自分次第といったところなのだが、割とPCパーツが豪勢で、8コア/16スレッドというメニーコアのなかではコスパに優れるため、長く使いたいならRyzen 7 1700くらいがオススメだ。自分の作業的に6コアで十分という人なら、実売2万4000円とさらに安価なRyzen 5 1600という選択肢もアリだろう。

Ryzen 7 1700は、8コア/16スレッドのなかでは最も安価。今見た目にもカッコよく、長く使えるPCを組むのならオススメしたい製品だ

 PCケースはMini-ITX向けで、サイドパネルに強化ガラスを採用するなかでは、ひと際目を引いたNZXT「H200i」を選択。

 左サイド強化ガラスパネルに以外も、マザーボードトレイの右側に裏面からのケーブルを隠すバーや電源ユニットカバーを採用。さらにファンとLEDをOS上からコントロールできるスマートデバイスを標準で搭載したりと、魅力ある機能とギミックを満載している注目のケースだ。

NZXT製Mini-ITX向けPCケースの「H200i」。実売価格は2万円前後

 マザーボードには、ASUS 台湾本社での発表から待つこと2カ月、やっと国内販売されたRyzen向けMini-ITXマザーボードの「ROG STRIX X370-I GAMING」を採用。LEDイルミネーションを制御するAura Sync RGB LEDに対応する。

ASUS初のRyzen向けMini-ITXマザーボードをチョイス

 ASUSは11月に秋葉原で開催されたAMDのファンイベント「AMD FAN DAY FESTIVAL」にて、Ryzen向けMini-ITXマザーボードの「ROG STRIX X370-I GAMING」と「ROG STRIX B350-I GAMING」の国内販売を発表し、注目を集めていた。Mini-ITXの限られたスペースを活用するサウンド機能とM.2スロットを一緒にした、ライザーカード形状の「ROG M.2オーディオコンボカード」を備えているのがポイントだ。

X370を採用したROG STRIX X370-I GAMING。実売価格は2万3800円前後
サウンドとM.2スロットを統合した「ROG M.2オーディオコンボカード」。Mini-ITXの限られたスペースを活用
2本のネジを外すことで、M.2ヒートシンクを取り外せる。ROGロゴ部には、RGB LEDを搭載だ
従来と同じく、Type2280などの各種規格に対応する。なお、2280 SSDは固定時に精密ドライバーで、ネジに被っているカバーを外す必要がある
大型M.2ヒートシンク。裏面には熱伝導シートが備わっている
IOパネル側の電源回路部にはヒートシンクを装備
PCI Express×16スロットには、ASUS独自の高耐久スロット「SafeSlot」が採用されている
RGBヘッダピンは、一般的な5050対応とアドレサブルRGB対応ピンを各1基備えている

定番ライトアップメモリーと独特な光り方をする水冷クーラーがオススメ

LED搭載オーバークロックメモリーの定番となるG.Skill「Trident Z RGB」シリーズ。メモリー速度がパフォーマンスに影響するRyzenに最適だ

 メモリーは、ヒートスプレッダーの上部が色鮮やかに光るG.Skill「Trident Z RGB」をチョイス。本製品はRyzen/Ryzen Threadripper向けに最適化されたモデルを追加している。動作クロックは2400MHz、2999MHz、3200MHzの3種類で、8GBまたは16GBモジュールを用意している。ちなみに、DDR4-3200で8GB×2の「F4-3200C16D-16GTZR」で実売価格3万3200円前後。

動作クロックは3種類を用意。なお、型番末尾「TZR」がIntel向けで、「TZRX」がRyzen/Ryzen Threadripper向けになっている

 CPUクーラーは、Ryzenのオーバークロックも視野に入れて、オールインワン水冷キットを選択。水冷キットは、ほかのパーツと同じくLEDイルミネーション機能を搭載するモデルが増えているが、最も美しいライティングを備えているのがNZXTの「Kraken X」シリーズだ。ウォーターブロック部にリング状LEDとインフィニティミラーを内蔵し、奥行きのある幻想的な視覚効果を楽しめる。

 ラジエーターサイズは、140mm(Kraken X42)、240mm(Kraken X52)、280mm(Kraken X62)の3種類を用意。ここでは、多くのPCケースに対応できる240mmラジエーターを採用する「Kraken X52(RL-KRX52-01)」をチョイスしている。

240mmラジエーターを採用するオールインワン水冷キット「Kraken X52(RL-KRX52-01)」。実売価格は1万9000円前後
ウォーターブロック部に、鏡の反射を利用してLEDの光を奥行きにもたせたインフィニティミラーが、独特な視覚効果を生み出す

 そのほか、定番M.2 SSDのサムスン「960 EVO 500GB(MZ-V6E500B/IT)」(実売価格2万8400円前後)や、品質や信頼性に定評のあるSeasonic製電源ユニットの80PLUS Titanium認証を取得する「SSR-750TD」(実売価格3万5400円前後)とを組み合わせ、Ryzen搭載の魅力あるライトアップPCを完成させた。

ケーブル隠しバーや裏配線ケーブルガイドで、キレイに配線できた
240mmラジエーターのオールインワン水冷キットも良い感じに収まった
グラボは、編集部にあったボード長が約267mmとなる「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」を搭載。ラジエーターとは10mm程度余裕が残った

 光量のあるG.Skill「Trident Z RGB」が、ひと際目立っているが、「Kraken X52」のインフィニティミラーの視覚効果や、「H200i」のサイドトップや「ROG STRIX X370-I GAMING」の基板裏面に備わっているLEDストリップが良い感じに発光。「H200i」中央のホワイトバーの反射光など、なかなかグッドだ。

「ROG STRIX X370-I GAMING」の基板裏面に備わっているLEDは、PCケースに反射。良い感じに発光している
マザーボードのオーディオ端子も発光

 今回の構成では、グラボは垂直に挿す形でロゴの光のみ目立つ形なので、ファン周りが光る必要はあまりない。本記事では、手持ちのFounders Editionを使っているが、この構成ならお好みのグラボを使う形でいいだろう。

 ケースによっては、ライザーカードを使いPCケースのサイドにグラボの正面を向けて挿せるモノもあるので、派手に光るグラボを採用したいなら、そうしたケースを選びたい。今メニーコアでレンダリング性能に優れたRyzen搭載PCをコンパクトに、カッコよく光らせたい人は、ぜひ参考にしてほしい。

この記事もおすすめ

PAGE TOP