AMD HEROES

twitter
facebook
line

COMPUTEX TAIPEI 2018レポート ― 第18回

AMD、第2世代Ryzen Threadripperを発表

文● 中山 智 編集●北村/ASCII編集部

 6月6日、AMDは台北にて開催中のCOMPUTEX TAIPEI 2018に関連してプレスカンファレンスを開催。32コア・64スレッドの「第2世代 Ryzen Threadripper」を発表した。なお、GPUの発表もあったが、それは別の記事を参照してもらいたい。

32コア・64スレッドの「第2世代 Ryzen Threadripper」

 「Zen+」シリーズのハイエンド向けチップセットとなる第2世代 Ryzen Threadripperは、12nmプロセスで、CPUコア数は最大32、スレッド数は64。発表時には歓声わくほどのモンスタースペック。
 ステージでは、AMDのコンピューティング・グラフィックビジネスグループを担当するSVP・GM Jim Anderson氏がプレゼンを行ない、第2世代Ryzen Threadripperもチラ見せ。チップセットのデザインを見ると、基板上にダイが4つ搭載されており、8コア・16スレッドのダイが4つで32コア・64というスペックを実現している。

AMDのコンピューティング・グラフィックビジネスグループを担当するJim Anderson氏が「第2世代 Ryzen Threadripper」を披露
ダイが4つ配置されているのがわかる

 マザーボードに関しては初代Ryzenと互換性があり、X399チップセットで動作する。クーラーも同じ物が使えるとのことで、初代Ryzenを購入したユーザーはチップセットを買い換えるだけでなのはうれしいポイント。

第2世代 Ryzen Threadripperの特徴

 プレゼンではインテルの「Core i9-7980EX」との画像処理比較も行なわれ、第2世代Ryzen Treadripperのほうが格段に早く処理が終了していた。市場へは2018年の第3四半期に投入される。

 サーバー関連では、EPYCにもアップデートがあり、7nmのZen 2プロセッサーを搭載した最新モデルが2019年に出荷を予定。EPYCも従来モデルと同じソケットが利用できる設計になっているとのこと。

7nmのZen 2を搭載したサーバー向けプロセッサー「EPYC」
7nmのEPYCのスケジュール

AMDの業績が好調 パートナー企業も増加

 そのほか冒頭では、同社のCEO Lisa Su氏がAMDのCPUやGPUの好調さをアピール。コンシューマーでは、ゲーム市場が拡大しており、より高性能なCPUやGPUが求められていることが要因。採用メーカーも増えてきており、PCとしては歴史の新しいファーウェイもゲストとして登場し、AMDのチップセットを搭載したノートPCを発表している。

AMDの好調さを語るCEO Lisa Su氏
2016年から2017年の1年間だけでも、PCゲーム市場は急速に拡大している
ファーウェイからもAMD搭載ノートPCが登場
発表会会場にはサイコムの製品など、AMDのチップセットを搭載したモデルも展示されていた

 またサーバー市場では、シスコやHPEなどからEPYC搭載のサーバーが登場し、中国のテンセントもクラウドサーバーに採用しているとのこと。サーバー市場での人気は同価格帯のインテル製チップセットと比べると性能が高く、コスト削減につながるのがポイントとしている。

価格帯別のサーバー用チップセットのパフォーマンス比較
テンセントでの採用例では、3Dレンダリングや遺伝子モデリング、eコマースなどの処理で30%のコスト削減がはかれたとのこと
台湾のサーバーメーカーTYANのEPYC搭載サーバー

 インテルを上回る32コア・64スレッドのチップセットを発表したAMD。昨年から激化するHEDT市場の戦いは今後も続きそうだ。

恒例となっているゲストのパートナー企業との記念撮影

【関連サイト】

PAGE TOP