AMD HEROES

twitter
facebook
line

AMD B450マザーの夜間販売を2店舗で実施

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 31日22時より、AMDの最新チップセットB450を搭載したマザーボードの夜間販売が行なわれた。実施したのは、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店とTSUKUMO eX.の2店舗だ。

B450搭載マザーボードの夜間販売を行ったパソコン工房 秋葉原BUYMORE店

 B450は、第2世代Ryzenに対応する新型チップセット。31日22時に正式発表されたチップセットで、6月に行なわれたCOMPUTEX TAIPEI 2018では多数のメーカーが展示していた。主な特徴は、「AMD X470」で追加された新機能「XFR2 Enhanced」や「Presicion Boost Over Drive」、「AMD StoreMI」がサポートされる点だ。

32コア・64スレッドの「第2世代 Ryzen Threadripper」

 発売されたのはASRockやASUS、GIGABYTE、MSIの4メーカーから約20モデル。詳細は改めてお伝えする予定だが、安いモデルで7980円(税抜)から購入可能だ。

熱心な自作ユーザーが10名ほど購入。限定のノベルティーも多数プレゼントされていた

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店とTSUKUMO eX.(延長営業)で開催された夜間販売は22時からスタート。熱心な自作ユーザーが10名ほど購入していた。

ASRockやASUS、GIGABYTE、MSIの4メーカーから約20モデルが一斉に並んでいる

 1日(水)からは多数のショップでも販売がスタートする予定で、在庫も潤沢に用意されている。目当てのモデルをゆっくり吟味してから購入できるだろう。

【関連サイト】

この記事もおすすめ

PAGE TOP