AMD HEROES

twitter
facebook
line

RTXじゃなくても高性能! 特別価格でSteamウォレット付きの「G-GEAR GA7A-B181T/AS1」をレビュー

文● 林 佑樹 編集●ジサトラショータ
Ryzen 7 2700、GTX 1080搭載の「G-GEAR GA7A-B181T/AS1」。TSUKUMO×ASCIIコラボによる特別価格16万4800円で販売され、さらに5000円分のSteamウォレットが同梱されている

 CPUとGPUの世代更新が進んでいるが、ゲーミングPCを購入したいというユーザーにとっては無視できない大きな問題がある。それは、上位モデルの価格の高さだ。最新世代のCPUとGPUはとくに高めとなっており、BTOメーカーのラインアップを見ても前世代からの価格上昇は目立つ。RTXシリーズを選ぶことでリアルタイムレイトレーシングやDLSSといった最新技術を利用でき、4Kゲーミング体験向上を期待できるのは魅力的なのだが、それはひとまず置いておいて、最新世代でなくてもいいから高い性能のゲーミングPCが欲しいという人も多いはずだ。

 そんなユーザーにうってつけの製品が、TSUKUMOの「G-GEAR GA7A-B181T/AS1」。TSUKUMO×ASCIIコラボによる特別価格で販売されるほか、現行のゲームにも十分耐える性能で余裕もアリと、なかなかのイイ構成となっているので早速チェックしていこう。

一般的なミドルタワーケースを採用

 おもなスペックは、CPUがAMD「Ryzen 7 2700」(8C/16T)、GPUが「GeForce GTX 1080」(VRAM8GB)、メモリーがDDR4-2666 8GB×2、ストレージが500GB SSDとなっており、採用GPU的には1世代前のハイスペックゲーミングPCな構成となっている。また後述するようにPCケース内のシャドウベイが豊富で、HDDを追加したり、流用したりといった場合にも都合がよい。購入後にゴリゴリ拡張するベースとしてほどよいのも、本製品の特徴といえるだろう。

 ケースはミドルタワーPCに属し、フロントにUSBポートを備え、地味に姿を消しつつある5インチ/3.5インチベイもアリと、PCとしての使い勝手と拡張性は確保されている。

光学ドライブの下に5インチベイ、3.5インチベイ、USB 3.1 Gen1(Type-A)×2、ヘッドフォン端子とマイク端子がある
前方の滑り止めのゴムのある部分があり、ここにコントローラーやスマホを置いておける

 冷却に関わる吸排気は、正面下部と左側面からとなっている。フロントには12cm吸気ファンが用意されており、背面から排気が行われる。設置の場合にはフロント左側面、背面の3方向に10〜20cmのスペースを確保しておけるかをまずチェックしよう。

サイドパネルの一部はメッシュとなっており、内部が少し見えるほか、CPUクーラーやグラフィックボード、PCIeスロットなどの発光もわかる。

 インターフェースは、正面にUSB 3.1 Gen1(Type-A)×2、ヘッドフォン端子、マイク端子があり、背面にPS/2×1、USB 2.0×2、USB 3.1 Gen1(Type-A×2、Type-C×1)、USB 3.1 Gen2(Type-A×2)、オーディオ出力、有線LANがある。ちなみにUSB 3.1 Gen1(Type-A×2)は青色、USB 3.1 Gen2(Type-A×2)は水色とポートカラーが異なっているため、判別はしやすい。

購入後の拡張もしやすい構造

ケース内は整理されており、冷却性と拡張製に配慮している

 ケース内を見てみよう。手持ちのパーツを流用する場合や、のちのち追加する場合が想定されているかは不明だが、パーツの入れ替えや追加に不自由しないだけの十分なスペースはある。購入後にメモリーを追加したり、ゲーム用SSDを足したりといったことも現実的だろう。

 PCIeスロットは、PCIe 2.0 ×16×1、PCIe 2.0 ×1×3が初期状態から使用可能となっており、キャプチャーボードやUSBポート増設ボードなどの流用もやりやすい。なおグラフィックボードは、計測してみたところ、ボード長300mm以内まで対応だった。

 ストレージの搭載スペースは、3.5インチシャドウベイ×3、2.5インチシャドウベイ×4と豊富であり、SATAポートも6つと多いため、ストレージの流用をしたり、240GBあたりの安いSSDをゲームクライアントインストール用に複数追加したりといったことがやりやすい。またM.2スロット×1も用意されている。

トレイ方式なのでストレージのインストールは楽
グラフィックボードの上に、M.2スロットがある

GTX 1080はやっぱり強い! RTX 2070搭載時と比較してみた

 ベンチマークを見ていこう。「G-GEAR GA7A-B181T/AS1」は、1世代前のハイスペックGPUであるGeForce GTX 1080を搭載しており、現行製品と比べても性能の不足はほとんどないというのがポイントである。よって、以下のベンチマークでは、TSUKUMOから届いた状態での計測に加えて、参考までにグラフィックボードを「GeForce RTX 2070」に換装した際の計測もしている。なおGPUドライバーバージョンは、GeForce 417.01だ。

 ベンチマークは、「3DMark v2.6.6238」、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」、「Shadow of the Tomb Raider」を採用した。また、プレイフィールをインプレッションするために「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」をプレイしている。

3DMarkのスコアー

 まずは3DMarkから見ていくと、両者のスコアーに大きな違いがないことが分かる。強いていえば、「Time Spy」プリセットで約1000のスコアー差が生まれているが、DirectX 12前提のゲームタイトルにおいて、プレイフィールに極端な影響が出るレベルではないため、この点はあまり気にしなくてもいいだろう。そのため、RTXシリーズの特徴でもあるレイトレやDLSSを考えないのであれば、GeForce GTX 1080でOKといえる。

特にフルHD解像度では性能がほぼ変わらない!

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク

 次にFINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークを見ていこう。下に掲載したスクリーンショットでもわかるように、最高設定と高品質での計測を実行した。解像度は1920×1080ドット。なお4Kでもそれなりに動くというのは、GeForce GTX 1080とGeForce RTX 2070で共通していたので、掲載は割愛した。

カスタム設定の詳細

 結果としては、こちらもほとんど差がない。この点からも、価格を抑えつつ、性能の確保を狙った「G-GEAR GA7A-B181T/AS1」の構成は現在においてもかなりお買い得であることが分かるだろう。

 「Shadow of the Tomb Raider」のゲーム内ベンチマークモードはどうだろうか。これも掲載しているようにプリセット「高」、プリセット「カスタム」のふたつで大きな差はない。現行のゲームタイトルでもこんな調子であり、なるべく安く、いまの最新ゲームもよく動く環境が欲しいというのであればちょうどいい値だ。

GeForce GTX 1080のスコアー
GeForce RTX 2070のスコアー

 最後に「PUGB」のプレイフィールをチェックしよう。FPSカウンターを表示しつつ、普通に数セットプレイしてみた。設定は下記の通り、2018年12月時点での最高設定に、解像度は1920×1080ドットである。結論でいえば、ブラインドテストするとしたら、判断できる自信がないほどだった。若干、GeForce RTX 2070のほうがフレームレートの安定度は高いのだが、GeForce GTX 1080でも90fps以上をキープし、場所によっては130fps台といった具合なので、気になる人はいないと思われる。

TRAININGモードで似たシーンでのフレームレートは、わずかだがGeForce RTX 2070が高くなったが、一ケタ台での差の話で、120Hz駆動環境であれば気になるかもしれないくらいだ

特別価格で提供! 多くの可能性を秘めるゲーミングPC

 本製品の価格は16万4800円。こちらは先に述べた通り、TSUKUMO×ASCIIの特別価格で、さらに5000円分のSteamウォレットが同梱されている。冒頭で述べた通り、G-GEAR GA7A-B181T/AS1は現行のGeForce RTXシリーズではなく、1世代前のGTX 1080を採用し、かつ価格がこなれたRyzenにしたことでハイパフォーマンスながら価格を抑えた一台だ。もっぱらゲーミング前提となっているのだが、USB周りを加味するとVR方面にもいいし、G-GEAR GA7A-B181T/AS1をベースとして、写真や映像編集用にメモリやストレージの増設を行ないやすい点も強みといえる。4〜5年前に購入したPCがそろそろキツいと感じているユーザーはもちろん、年末年始にSteamでAAAタイトルからインディーゲームまで、広く遊んでみたいという読者は、G-GEAR GA7A-B181T/AS1をまずはチェックだ。

 

■関連サイト

提供:Project White

この記事もおすすめ

PAGE TOP