AMD HEROES

twitter
facebook
line

【AMDチップセットマザーボードレビュー第2回】

MSI「MEG X570 GODLIKE」に見るX570マザーが9万円する理由(ワケ) (1/2)

文●石川ひさよし 編集●AMD HEROES編集部

次世代インターフェースと、部品から設計まで究極の電源回路

製品名:MEG X570 GODLIKE
メーカー:MSI
実売価格:8万9000円前後

 メインストリーム向けとはいえ12コアまで増え、PCI Express 4.0など次世代インターフェースも盛り込んだ第3世代Ryzen。それをサポートするチップセット側も高機能化し、AMD X570は従来のチップセットと比べるとマザーボードの単価も上がり、メインストリームとハイエンドプラットフォームの中間的な存在と言える。

 そうした少々高価なAMD X570搭載マザーボードの中でも「これはThreadripper向けマザーボードよりも高価なのでは?」とびっくりしたのがMSI「MEG X570 GODLIKE」。もちろん、ただ高価というわけではない。細部まで見ていけば納得できるだけの設計、装備であることが分かる。

 まず「GODLIKE」という製品名。GODとあるようにMSIマザーボードのなかでは各チップセット別に最上位モデルに付けられる。歴代のGODLIKEと同様に、MEG X570 GODLIKEも豪華な装備が特徴だ。

 見た目という点では「Mystic Light Infinity II」。VRM上のヒートシンクカバーと一体化した、ミラーを用いて立体的なRGB LEDを生み出すパネルだ。もちろん通常のLEDイルミネーションも搭載しているが、「Mystic Light Infinity II」の存在感は、本製品が同社の最上位モデルであることを視覚的に表現していると言えるだろう。もうひとつ「Dynamic Dashboard」も忘れてはならない。ATX24ピン横に設けられたOLEDパネルで、アニメーションやブート時にはステータスを表示する。組み込み時にエラーがあればここで通知してくれる。もちろん、ケース全体でLEDイルミネーションを楽しむために搭載されたマザーボード上のLEDピンヘッダーも充実している。

「Mystic Light Infinity II」
「Dynamic Dashboard」
チップセットヒートシンク部分もRGB LEDを搭載。もちろん同社のLED制御ユーティリティ「Mystic Light」に対応している。

 装備という点では、まず充実したLAN。話題のWi-Fi 6(IEEE802.11ax)、1GbEと2.5GbEを搭載することに加えて10GbEカード「10G Super LAN」カードもバンドルされる。現在主流のIEEE802.11ac(Fi-Fi 5)から次世代のWi-Fi 6へ、1GbEから、2.5GbE、そして次世代の10GbEへ。PCと合わせて一気に引き上げてしまうのもよいが、本製品では段階的にアップグレードしていくことも可能だ。

Wi-Fi 6用アンテナや1GbEと2.5GbEのRJ45コネクタ、6.3mmオーディオジャックなどバックパネルにも多機能ぶりが現れている。
10GbEを増設できる「10G Super LAN」カード。

 続いてM.2。マザーボード上に3つのスロットを搭載しているが、加えて2枚のM.2カードを搭載可能な「M.2 Xpander-Z Gen4」が付属する。合わせて5枚のM.2カードを標準で搭載できるマザーボードはほかの選択肢も少ない。貴重な製品と言えるだろう。

2つのPCI Express Gen4対応M.2カードを搭載できるPCI Express 4.0 x8カード「M.2 Xpander-Z Gen4」
「MEG X570 GODLIKE」の主なスペック
対応ソケット Socket AM4
チップセット AMD X570
フォームファクター Extended-ATX
メモリースロット DDR4×4(最大128GB)
対応メモリークロック DDR4-4800(OC)〜3466(OC)、DDR4-3200〜1866
拡張スロット PCI Express 4.0 x16×3(x16、x8/x8、x8/x4/x4)、PCI Express 4.0 x16(x4)
ストレージインターフェース SATA3(6Gbps)×4、SATA3(6Gbps)×2(ASMedia ASM1061)、M.2(PCIe4.0x4/SATA3)×2、M.2(PCIe4.0x4)×1、M.2(PCIe4.0x4)×2(M.2 Xpander-Z Gen4)
ネットワーク ギガビットLAN(Killer E2600)、2.5ギガビットLAN(Killer E3000)、10ギガビットLAN(10G Super LAN)
サウンド 7.1ch HDオーディオ(Realtek ALC1220×2、ESS E9018コーデック)
リアインターフェース USB3.2 Gen2 Type-A×3/Type-C×1、USB3.2 Gen1 Type-A×2、PS/2ポート×1、オーディオ端子×5、SPDIF端子×1、6.3mmヘッドホン端子×1、アンテナ端子×2、CMOSクリアスイッチ×1、Flash BIOSスイッチ×1
M/B上インターフェース RGB LED 4ピンヘッダー×1、レインボーLED 3ピンヘッダー×2、Corsair LED用3ピンヘッダー×1、USB 2.0ヘッダー×2、USB 3.2 Gen1ヘッダー×2、フロントパネルType-C USB 3.2 Gen2ヘッダー×1、電源ボタン×1、リセットスイッチ×1など
CPUソケット付近には、ポンプ用、CPU用、そしてCPU用のサブ、システム用と4つの4ピンファン用端子を配置。右下の3ピンはCorsair製LEDストリップ用の端子。
拡張スロットはPCI Express x16×4本でx1はなし。上3本は使用本数によりレーン分割される。最下段はx4レーン固定。ビデオカード以外の拡張性は多少制限される。
オーディオ回路は7.1chのRealtek ALC1220をフロントヘッドセット用、リアスピーカー用と2つ搭載。金メッキの6.3mmオーディオジャックにはESS E9018コーデックを採用している。ソフトウェアのNahimicも利用可能。
MSIのハイエンドモデルは電源/リセットボタンやお手軽OCボタン「GAME BOOST」も備える。また、OC向けに2つの温度センサー用ヘッダーも搭載している。

この記事もおすすめ

PAGE TOP