AMD HEROES

twitter
facebook
line

AMDの新CPUを求め秋葉原に約200人が殺到、Ryzen 9 3950Xは即完売

文●ドリル北村 編集●ASCII

※この記事はASCII.jpからの転載です(文中リンクはASCII.jpの記事に飛ぶことがあります)

 第3世代Ryzenの最上位モデル「Ryzen 9 3950X」と「Ryzen Threadripper 3970X」および「Ryzen Threadripper 3960X」の販売が、30日午前11時に解禁された。

 秋葉原の各ショップには朝から購入希望者の列ができ、整理券を配布するなどして対応。どのショップでも「Ryzen 9 3950X」は午前11時の販売解禁を前に整理券の配布が終了した。

 各店舗の「Ryzen 9 3950X」の在庫数は約35個。TSUKUMO eX.では始発電車が動き出すころから人が集まりだし、朝5時の時点ですでに「Ryzen 9 3950X」の購入希望者が35人に達したそうだ。同店は、Ryzen Threadripperの購入希望者を含めると、整理券配布時の行列は約60人となった。

ソフマップAKIBA2号店 パソコン総合館の行列。9時ごろに約35人、10時過ぎには約50人が並んでいた
パソコン工房 秋葉原 BUYMORE店では、整理券を持った約30人が10時半ごろに列を形成した
ドスパラ秋葉原本店は、並んだ約40人に整理券を配布した
今回の穴場だったパソコンショップアーク。約50人に整理券を配布。他店が早々に整理券配布を終了するなか11時直前まで整理券が残っていた
ツクモパソコン本店では整理券を持った約15人が11時の開店を待っていた
TSUKUMO eX.は約60人が店頭に並んだ。運良く整理券を手に入れた人が4階の売り場で会計を待つ

 事前に整理券を配布していたこともあり、特に大きな混乱もなく11時の販売解禁を迎えた。整理券を持つ人でレジ前には一時行列ができたが、それも12時ごろにはほぼすべて解消した。

 価格は、16コア/32スレッドの「Ryzen 9 3950X」が、9万8780円。24コア/48スレッドの「Ryzen Threadripper 3960X」が18万1280円、32コア/64スレッドの「Ryzen Threadripper 3970X」が25万7180円。

11時に販売がスタート
パソコン工房 秋葉原 BUYMORE店で、会計を待つ人たち
11時に販売が解禁された「Ryzen 9 3950X」
「Ryzen Threadripper 3970X」と「Ryzen Threadripper 3960X」も同時発売
どのショップも「Ryzen 9 3950X」は即完売。約10万円のCPUが即完売するという事態に、ショップスタッフも驚きを隠せないでいた
通運会館の2階イベントスペースでは、ASRock主催のイベント「最新AMDマザーボード徹底解説&OCチャレンジ」が開催された。ASRockの原口有司氏(写真左)による新製品説明とオーバークロッカー清水貴裕氏(写真右)による極冷オーバークロックデモが行なわれた

 なお、各CPUの性能はレビュー記事を参照してもらいたい。

この記事もおすすめ

PAGE TOP