AMD HEROES

twitter
facebook
line

AMD B550チップセット採用マザーボードが一斉発売【ASRock】

文●山県 編集●北村/ASCII

※この記事はASCII.jpからの転載です(文中リンクはASCII.jpの記事に飛ぶことがあります)

 20日から販売がスタートしたAMD B550チップセットを採用するSocket AM4マザーボード。ASRockからは5製品が発売中だ。

 販売しているのはパソコンショップアークやドスパラ秋葉原本店、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.。

ASRockからは5製品のAMD B550チップセット採用マザーボードが販売中

「B550 Steel Legend」

 コストパフォーマンスと耐久性にこだわった「Steel Legend」シリーズのATXモデル。RGB LEDイルミネーション機能や2基のM.2スロットを備える。基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4733+(OC)/4666(OC)/4600(OC)/4533(OC)/4466(OC)/4400(OC)/4333(OC)/4266(OC)/4200(OC)/4133(OC)/4000(OC)/3866(OC)/3800(OC)/3733(OC)/3600(OC)/3466(OC)/3200/2933/2667/2400/2133、最大128GB)。

人気の「Steel Legend」シリーズのATXモデ「B550 Steel Legend」。価格は2万3650円

 オンボードインターフェースとして、2.5ギガビットLAN(Realtek RTL8125BG)、サウンド(Realtek ALC1220 8CH HD Audio)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.1×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×5、USB 2.0×8などを装備。グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.4とHDMI 2.1を備える。

2.5ギガビットLANやUSB 3.1など最新機能を備える

「B550M Steel Legend」

 コストパフォーマンスと耐久性にこだわった「Steel Legend」シリーズのMicro ATXモデル。RGB LEDイルミネーション機能や2.5ギガビットLANを備える。基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×1。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4533(OC)/4466(OC)/4400(OC)/4333(OC)/4266(OC)/4200(OC)/4133(OC)/4000(OC)/3866(OC)/3800(OC)/3733(OC)/3600(OC)/3466(OC)/3200/2933/2667/2400/2133、最大128GB)。

「Steel Legend」シリーズのMicro ATXモデル「B550M Steel Legend」。売れ行き好調で完売のショップも。価格1万7930円

 オンボードインターフェースとして、2.5ギガビットLAN(Realtek RTL8125BG)、サウンド(Realtek ALC1200 8CH HD Audio)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.1×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×5、USB 2.0×8などを装備。グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.4とHDMI 2.1を備える。

Micro ATXながらATXモデル同様2.5ギガビットLANやUSB 3.1など最新機能を備える

「B550 Phantom Gaming 4」

 ゲーミングブランド「Phantom」シリーズのATXモデル。「Steel Legend」シリーズからはスペックが全体的にダウンしている。基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4533(OC)/4466(OC)/4400(OC)/4333(OC)/4266(OC)/4200(OC)/4133(OC)/4000(OC)/3866(OC)/3800(OC)/3733(OC)/3600(OC)/3466(OC)/3200/2933/2667/2400/2133、最大128GB)。

ゲーミングブランド「Phantom」シリーズのATXモデル「B550 Phantom Gaming 4」。価格1万5378円

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)、サウンド(Realtek ALC1200 8CH HD Audio)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.0×8、USB 2.0×4などを装備。グラフィックス出力機能としてHDMI 2.1を備える。

2.5ギガビットLAN→ギガビット、USB 3.1→なしなど「Steel Legend」シリーズから機能削減で価格も下がったゲーミングモデル

「B550 Pro4」

 ビジネスなどに最適な「ASRock PRO」シリーズのATXモデル。シンプルな作りながらRGB LEDイルミネーション機能やUSB3.1 Type-Cなどを備える。基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4533(OC)/4466(OC)/4400(OC)/4333(OC)/4266(OC)/4200(OC)/4133(OC)/4000(OC)/3866(OC)/3800(OC)/3733(OC)/3600(OC)/3466(OC)/3200/2933/2667/2400/2133、最大128GB)。

ビジネスなどに最適な「ASRock PRO」シリーズのATXモデル「B550 Pro4」。価格は1万7930円

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)、サウンド(Realtek ALC1200 8CH HD Audio)、M.2×2、SATA3.0×6、USB3.1 Gen2×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×6、USB 2.0×4などを装備。グラフィックス出力機能としてD-SUBとHDMI 2.1を備える。

USB3.1 Type-Cを備えるため最新の周辺機器が運用可能なスタンダードモデル

「B550M Pro4」

 ビジネスなどに最適な「ASRock PRO」シリーズのMicro ATXモデル。シンプルな作りで価格が安いのが特徴。基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×1。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4533(OC)/4466(OC)/4400(OC)/4333(OC)/4266(OC)/4200(OC)/4133(OC)/4000(OC)/3866(OC)/3800(OC)/3733(OC)/3600(OC)/3466(OC)/3200/2933/2667/2400/2133、最大128GB)。

「ASRock PRO」シリーズのMicro ATXモデル「B550M Pro4」。価格はASRock最安の1万3970円

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)、サウンド(Realtek ALC1200 8CH HD Audio)、M.2×2、SATA3.0×6、USB3.1 Gen2×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×6、USB 2.0×4などを装備。グラフィックス出力機能としてD-SUBとDisplayPort 1.4、HDMI 2.1を備える。

Micro ATXの安価なモデル。Ryzen 3やRyzen 5 との組み合わせがオススメ

【関連サイト】

この記事もおすすめ

PAGE TOP