AMD HEROES

twitter
facebook
line

AMD B550チップセット採用マザーボードが一斉発売【ASUS】

山県 編集●北村/ASCII

※この記事はASCII.jpからの転載です(文中リンクはASCII.jpの記事に飛ぶことがあります)

 20日から販売がスタートしたAMD B550チップセットを採用するSocket AM4マザーボード。ASUSからは8製品が発売中だ。

 秋葉原で販売しているのは、パソコンショップアークやドスパラ秋葉原本店、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.。

ASUSからは最多の8モデルが登場。ゲーミングモデルからスタンダードモデルまで幅広いラインナップがそろう

「ROG STRIX B550-E GAMING」

 ゲーミングブランド“STRIX”シリーズのATXモデル。2.5ギガビットLANやWi-Fi 6、USB3.1などの最新機能を備える。基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×2、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4400、最大128GB)。

“STRIX”シリーズのハイエンドモデル「ROG STRIX B550-E GAMING」。価格は3万2800円

 オンボードインターフェースとして、2.5ギガビットLAN(intel I225-V)、サウンド(ROG SupremeFX S1220A)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.1 Gen2×4(Type-A+Type-C)、USB 3.0×2、USB 2.0×9などを装備。グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.4とHDMI 2.1を備える。

豪華なヒートシンクやAudio USB Type-C専用ポート、2.5ギガビットLANなどB550マザーとしてはハイエンドな作り

「ROG STRIX B550-F GAMING (WI-FI)」

 ゲーミングブランド“STRIX”シリーズのATXモデル。2.5ギガビットLANやWi-Fi 6、USB3.1などの最新機能を備える。基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×3。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4400、最大128GB)。

ゲーミングブランド“STRIX”シリーズのATXモデル「ROG STRIX B550-F GAMING (WI-FI)」。価格は2万4979円

 オンボードインターフェースとして、2.5ギガビットLAN(intel I225-V)、サウンド(ROG SupremeFX S1220A)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.1 Gen2×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×6、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.4とHDMI 2.1を備える。

上位モデル「ROG STRIX B550-E GAMING」とは拡張スロットの構成が異なる

「ROG STRIX B550-F GAMING」

 ゲーミングブランド“STRIX”シリーズのATXモデル。前述の「ROG STRIX B550-F GAMING (WI-FI)」との違いは、Wi-Fi 6がない点。基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×3。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4400、最大128GB)。

ゲーミングブランド“STRIX”シリーズのATXモデル「ROG STRIX B550-F GAMING」。価格は2万2980円

 オンボードインターフェースとして、2.5ギガビットLAN(intel I225-V)、サウンド(ROG SupremeFX S1220A)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.1 Gen2×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×6、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.4とHDMI 2.1を備える。

「ROG STRIX B550-F GAMING (WI-FI)」との違いは、Wi-Fi 6がないところ

「TUF GAMING B550-PLUS」

 ゲーミングブランド“TUF”シリーズのATXモデル。軍用グレードのコンポーネントする高耐久性がうり。基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×3。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4600、最大128GB)。

ゲーミングブランド“TUF”シリーズのATXモデル「TUF GAMING B550-PLUS」。価格は1万8480円

 オンボードインターフェースとして、2.5ギガビットLAN(Realtek RTL8125B)、サウンド(Realtek ALC S1200A 8CH HD Audio)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.1 Gen2×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×6、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.4とHDMI 2.1を備える。

2.5ギガビットLANやUSB 3.1 Gen2を備えるコストパフォーマンスモデル

「TUF GAMING B550M-PLUS (WI-FI)」

 ゲーミングブランド“TUF”シリーズのMicro ATXモデル。軍用グレードのコンポーネントする高耐久性がうり。Wi-Fi 6を備える。基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×1。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4400、最大128GB)。

ゲーミングブランド“TUF”シリーズのMicro ATXモデル。価格は1万9980円

 オンボードインターフェースとして、2.5ギガビットLAN(Realtek RTL8125B)、サウンド(Realtek ALC S1200A 8CH HD Audio)、M.2×2、SATA3.0×4、USB 3.1 Gen2×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×6、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.4とHDMI 2.1を備える。

人気となりそうな“TUF”シリーズのMicro ATXモデル

「TUF GAMING B550M-PLUS」

 ゲーミングブランド“TUF”シリーズのMicro ATXモデル。前述の「TUF GAMING B550M-PLUS」との違いは、Wi-Fi 6がない点。基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×1。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4400、最大128GB)。

“TUF”シリーズのMicro ATXモデル「TUF GAMING B550M-PLUS」。価格は1万7980円

 オンボードインターフェースとして、2.5ギガビットLAN(Realtek RTL8125B)、サウンド(Realtek ALC S1200A 8CH HD Audio)、M.2×2、SATA3.0×4、USB 3.1 Gen2×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×6、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.4とHDMI 2.1を備える。

「TUF GAMING B550M-PLUS」との違いは、Wi-Fi 6がない点

「PRIME B550M-A (WI-FI)」

 スタンダード“PRIME”シリーズのMicro ATXモデル。ギガビットLANやWi-Fi 6を備える。基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×1、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4400、最大128GB)。

スタンダード“PRIME”シリーズのMicro ATXモデル「PRIME B550M-A (WI-FI)」。1万5980円

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)、Wi-Fi 6 (IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)+Bluetooth v5.1 (intel Wi-Fi 6 AX200)、サウンド(Realtek ALC887 8CH HD Audio)、M.2×2、SATA3.0×4、USB 3.1 Gen2×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×6、USB 2.0×4などを装備。グラフィックス出力機能としてSingleLink-DVI-DとD-Sub、HDMI 2.1を備える。

ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)、Wi-Fi 6 (IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)+Bluetooth v5.1 (intel Wi-Fi 6 AX200)を備えるスタンダードモデル

「PRIME B550M-A」

 スタンダード“PRIME”シリーズのMicro ATXモデル。前述の「PRIME B550M-A (WI-FI)」との違いは、Wi-Fi 6がない点。基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×1、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4400、最大128GB)。

スタンダード“PRIME”シリーズのMicro ATXモデル「PRIME B550M-A」。価格は1万3979円

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)、Wi-Fi 6 (IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)+Bluetooth v5.1 (intel Wi-Fi 6 AX200)、サウンド(Realtek ALC887 8CH HD Audio)、M.2×2、SATA3.0×4、USB 3.1 Gen2×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×6、USB 2.0×4などを装備。グラフィックス出力機能としてSingleLink-DVI-DとD-Sub、HDMI 2.1を備える。

価格も安いうえグラフィックス出力機能としてSingleLink-DVI-DとD-Sub、HDMI 2.1を備える

【関連サイト】

この記事もおすすめ

PAGE TOP