AMD HEROES

twitter
facebook
line

AMD Ryzen 7 5700Gで自作するならGIGABYTEのMini-ITXマザーが最適 (1/3)

藤田 忠 編集●北村/ASCII

※この記事はASCII.jpからの転載です(文中リンクはASCII.jpの記事に飛ぶことがあります)

第3世代Ryzen APUが登場!
GIGABYTEのMini-ITXでさっそく組んでみた!

 AMD Ryzen APUの最新世代となる「Ryzen 7 5700G」と「Ryzen 5 5600G」の発売がスタートした。オフィスワークやリモート学習などの日常用途から、写真編集やオープンワールド型RPG「原神」などのライトゲームのプレイまで、さまざまなことに使える万能プロセッサーだ。

 CPUコアにZen3アーキテクチャーが採用された期待の新星となるRyzen 5000Gシリーズのパフォーマンスは、すでにKTU氏がレビュー記事でお伝えしているとおり、Zen3化の影響で魅力ある性能を発揮している。

 そんなRyzen APUを使ったPC自作と言えば、コンパクトPCでキマリ。最新Mini-ITXマザーボードを使えば、将来的なビデオカードの搭載を含め、最大10Gbpsの転送速度を発揮するUSB3.2 Gen2や、2.5G LAN、Wi-Fi6といった新世代インターフェースを活用できる。

 そのうえ、スタイリッシュなデザインに、3スロット占有ビデオカードの搭載や縦配置のサポートなどといった自由度の高いレイアウトを実現するなど、Mini-ITX規格のPCケースの選択肢は非常に充実。コンパクトPC自作は、なかなかおもしろくなっている。

 そんななか、ASCII.jp編集担当のデスク後ろに、冷蔵庫PCなどで使われたGIGABYTEのMini-ITXマザーボード「B550I AORUS PRO AX」などが、「僕でRyzen 5000G搭載のコンパクトPCを組んでみて」と言わんばかりに積まれていた。

 さっそく担当編集に話を通し、編集部にあった各種パーツをお持ち帰り。筆者が所有するコンパクトPC自作の鉄板Mini-ITX PCケースのひとつであるCooler Master「MasterBox NR200」を使って、「Ryzen 7 5700G」搭載のコンパクトPCを組んでみた。

CPUコアにZen3アーキテクチャーを採用した「Ryzen 7 5700G」
8コア/16スレッドを実現したAPU最上位モデルだ
TDPは65Wで、オールコア負荷時は最大4.3GHz前後で動作
内蔵GPUはこれまでと同じ、「Vega」ベースの「Radeon Graphics」になる

Ryzen APUと相性抜群のマザーボード
「B550I AORUS PRO AX」

 Ryzen 7 5700Gを使ったコンパクトPC自作のマザーボードに使ったのは、たまたま編集部にあったB550チップセットを採用するGIGABYTE「B550I AORUS PRO AX」だが、このマザーボードは、6+2フェーズの電源回路に、大型ヒートシンク&放熱性裏面ベースプレートや、PCIe4.0対応NVMe M.2 SSDとの組み合わせも安心の大型ヒートシンクを装備している。

 さらにWi-Fi6と2.5ギガビットLANに、ゲーミング向けマザーボードでおなじみのRealtek製オーディオチップ「ALC1220-VB」と、スペックや機能にスキのない1枚になっている。そのうえ、B550チップセットを搭載するMini-ITXマザーボードのなかで最安値と、Ryzenで小型PCを自作するにあたってこれほど最適な製品はない。

B550チップセットを採用する高コスパなMini-ITX規格マザーボードの「B550I AORUS PRO AX」。実売価格は1万7000円前後だ
「90A Smart Power Stage」を採用する6+2フェーズのデジタル電源回路を搭載する
電源回路部などの放熱効果を高めるバックプレートを装備
M.2ヒートシンクは2ブロック構造で、電源回路部とヒートパイプで接続されている
メモリースロットはAORUS独自のワンピース・ステンレスシールド設計「Ultra Durable Memory Armor」を採用する
最大5120×2880ドット@60Hz出力に対応するDisplayPort 1.4ポートやUSB3.2 Gen2 Type-Cなど、インターフェースも充実している

この記事もおすすめ

PAGE TOP