AMD HEROES

twitter
facebook
line

Ryzenのメモリー相性を10製品使って確認、すべて快適に動作! (4/5)

AMD HEROES編集部

信頼性に定評のあるSanMax製メモリー

 5製品目は、国内メーカーで信頼と品質に定評のあるサンマックス・テクノロジーズの製品で確認。今回はMicron製2666MHzネイティブチップ搭載で1RANK仕様となる「SMD4-U16G48M-26V-D」を試している。

 試したロットのメモリーチップはMicron「D9VHP(MT40A1G8SA-075:H)」で、JEDEC準拠のCL19-19-19-43-61動作になる。なお、AMD Ryzenのメモリー環境でも動作に不安のなかったMicronチップや、JEDEC 100%リファレンスガーバー採用だけあって、まったく問題なく動作だ。

サンマックス・テクノロジーズ「SMD4-U16G48M-26V-D」(DDR4-2666 8GB×2)。実売価格 1万8000円前後
搭載メモリーチップはMicron「D9VHP(MT40A1G8SA-075:H)」になる

CrucialブランドのLED内蔵DDR4-2666メモリー

 次はCrucialのゲーミング向けブランド「Ballistix」から登場している「Ballistix Tactical Tracer RGB」シリーズのDDR4-2666 8GB×2枚セット「W4U2666BMR-8G」を確認。本製品はオリジナルヒートスプレッダーを備え、8つのゾーンに16個のLEDを内蔵する。CLはJEDECよりも高速な16-18-18-38に設定されているほか、動作温度のモニタリングが可能なサーマルセンサーを搭載しているのがポイントだ。

 メモリーチップは当然Micronを採用している。今回試した製品では「D9TZV(MT40A1G8WE-075E:D)」を搭載しており、テストを問題なくパスした。

"Ballistix「W4U2666BMR-8G」(DDR4-2666 8GB×2)。実売価格 2万2000円前後
ヒートスプレッダーを装備しているが、「Thaiphoon Burner」で1RANK仕様なのがわかる
「W4U2666BMR-8G」は、インテル用OCメモリープロファイルであるXMPに対応。「B450 TOMOHAWK」では、XMP機能をAMD環境でも読み込める「A-XMP」を備えているため利用可能。自分で複雑な設定を行なうことなくメモリーのOCを実現できる

LEDメモリーのド鉄板G.Skill「Trident Z RGB」

 7製品目はLED搭載メモリーのド鉄板と言えるG.Skill「Trident Z RGB」シリーズの2666MHz動作モデルの「F4-2666C18D-16GTZR」。今回検証した製品はメモリーチップにHynix「H5AN8G8NAFR-VJC」を採用。なお、SK Hynixのデーターシートに、型番末尾の“C”前2桁「VJ」は見当たらなかったが、「VK」が2666MHz、CL19-19-19なので同じ2666MHzネイティブチップと思われる。

 「Trident Z RGB」シリーズは、AMD Ryzen向けモデルも展開されているが、今回はメモリー動作を試すことが目的なため、あえてインテル向けのモデルで検証。実際、「B450 TOMOHAWK」の互換性リストには掲載されていないが、「MemTest86 V7.5」のテストは問題なかった。

G.Skill「F4-2666C18D-16GTZR」(DDR4-2666 8GB×2)。実売価格 1万8000円前後
「Thaiphoon Burner」の結果。Hynixチップを採用する1RANK仕様のメモリー。CLは18-18-18-43になっている
「B450 TOMAHAWK」の初回起動時から2666MHzで動作した

この記事もおすすめ

PAGE TOP