AMD HEROES

twitter
facebook
line

VR用途PCにRadeonがオススメなガチな理由とは?

ジャイアン鈴木 編集●ジサトラ ハッチ

 1月頭にラスベガスで行なわれたCES 2019では、HTCが最新のVRヘッドセット「VIVE Cosmos」を発表したり、数多くの8Kテレビ、VRオーディオデバイスの展示が行なわれ、エンターテインメントの新しい波を感じました。VRは一般消費者に爆発的に広がっているわけではありませんが、VRChatやVTuberアプリといったゲーム以外のトレンドもあり、今後も新たなトレンドが生まれる期待感があります。

 そこで、今からVRが楽しめるPCを作りたい!という人にオススメなのが、AMDが2018年11月15日に発表した「Radeon RX 590」を搭載したビデオカードです。本製品は2018年11~12月にかけてASRock、ASUS、HIS、PowerColor、SAPPHIREなどから5製品が発売されており、価格帯は3万2000円から4万1000円前後と比較的購入しやすいプライスが設定されています。

 VR用途のビデオカードといえば、これまでNVIDIAのGeForce GTX 1060が主流でしたが、新しいRTX 20シリーズが登場したこともあり、GTX 10シリーズは市場から消えつつあります。VRが快適にプレイできる認定を得たVR Readyのビデオカードは、Radeonにも数多くあるので、今ならRadeonで選ぶのも吉。

 Radeonで性能を求めるなら、2月に発売されると思われるRadeon VIIを待つべきですが、できる限り安価にVRを快適に使いたいというなら、RX 590がオススメです。

 また、VR用途のPCをRadeon搭載機にするメリットはほかにも数多くあるので、今回はその利点を紹介していきたいと思います。

ASRock「Phantom Gaming X Radeon RX590 8G OC」3万2000円前後

Radeon VR Ready Premiumなビデオカードはコスパがよい!

 AMDはHTCの「VIVE」やOculus社の「Oculus Rift」といったVRヘッドセットが快適に使えるビデオカードを「Radeon VR Ready Premium」として訴求しています。その最新ビデオカードであるRadeon RX 590は、ライターの加藤勝明氏のレビュー記事によれば、GeForce GTX 1060を上回るベンチマークスコアーを記録しています。

 GeForce GTX 1060搭載ビデオカードの価格は2万6000円から5万円前後。最安値ではラインアップが豊富なGeForce GTX 1060に軍配が上がりますが、パフォーマンスが上回っていることを考慮に入れれば、Radeon RX 590搭載ビデオカードのコスパは優れていると言えます。

 今回ASRockより借用した「Phantom Gaming X Radeon RX590 8G OC」。オーバークロック版のRadeon RX 590を採用し、メモリーはGDDR5 8GB。VRでは液晶ディスプレー表示よりも高解像度表示が必要になりますが、8GBあれば4K表示でもなければ足らなくなることはないでしょう。

 また、インターフェースはDVI-I×1、HDMI×2、DisplayPort×2が用意されています。HDMI端子をふたつ搭載されているので、ディスプレーとVRデバイスの両方をアダプターなしにHDMI経由で直結できるのが便利です。

Radeon Softwareで配信&録画がお手軽!

 Radeon RX 590では、第5世代のAMD製ユーティリティーソフト「AMD Radeon Software Adrenalin 2019 Edition」が利用できます。このなかにはスマートフォンから操作するための「AMD Link」、ゲームプレイを撮影、録画、共有するための「AMD Radeon ReLive」が含まれています。

 AMD Linkの設定を済ませておけば、あとはスマホからYouTube、Facebook、Weibo、Twitch、Mixerなどにゲーム配信が可能。もちろんVRコンテンツの配信にも対応しています。ヘッドマウントディスプレイをちょっとずらす必要はありますが、手元のスマホでVRプレイを自由自在に配信できるのは非常にお手軽です。

「AMD Radeon Software Adrenalin 2019 Edition」をインストールしたら、「ReLive」タブから「ReLive」をオンに、「デスクトップの録画」を有効に設定します
つぎに「AMD Link」をスマートフォンにインストールして、PCと接続。スマホ側からPCの画面に表示されているQRコードを読み取れば登録完了。これは設定後の画面で、右上には接続済みのPCのデバイス名が表示されます
ゲームコントローラーの右隣にあるアイコンからReLiveをコントロール可能です。初回設定時はSNSなどのアカウント認証作業が必要ですが、2回目以降は「ストリーミング」タブを選択してから、画面中央の再生マークをタップし、ストリーミング先を選択するだけで配信が始まります
「スクリーンショット」タブからは画面キャプチャ、「レコード」タブからは画面録画が可能。撮影した画像、動画はPCのストレージに保存されますが、スマホからも閲覧可能です

 また、まだ動作は不安定なようですが、AMD LINKの最新機能として、PCにてSteamVR経由でプレイできるVR映像をスマホに転送して、スマホ用簡易ヘッドセットでVRゲームなどが楽しめる機能も備えています。PC用VRヘッドセットは、どんどんお買い得な価格になってきてはいますが、まずはVRでどう見えるのか試してみたい!という人にはオススメです。詳しくは、ライターの加藤勝明氏Adrenalin 2019 Editionの記事を参照してみてください。

第3者視聴が快適なFreeSync液晶が使える!

 家族、知人と一緒にVRコンテンツを楽しむ際は、ディスプレー表示の滑らかさも重要です。画面のちらつきが多ければ、ヘッドセットをかぶっていなくても酔ってしまう可能性があります。

 その点、Radeon RX 590は「FreeSync」テクノロジー搭載のディスプレーが利用できるので、ゲームやビデオ再生中のカクツキ、ティアリングなどを軽減してくれます。

 NVIDIA製ビデオカードにも同様の技術「G-SYNC」が存在しますが、対応製品はFreeSyncのほうが圧倒的に多く、価格も安いので魅力的です。NVIDIAも最新版のグラフィックスドライバ「GeForce 417.71 Driver」により、FreeSync液晶が使える「G-SYNC Compatible Monitors」プログラムが利用できますが、対応液晶がまだまだ少ないので、RadeonとFreeSync対応液晶ディスプレーの組み合わせが、最も安心な組み合わせであることは変わりません。

ディスプレーがFreeSyncに対応していても、デフォルトではオフになっていることもあります。その場合はディスプレーのFreeSyncをオンにしてから、AMD Radeon Settingsの「ディスプレイ」タブで「AMD FreeSync」を有効にしなければなりません
FreeSyncに対応したLGエレクトロニクスの21.5インチフルHD液晶ディスプレーの「22MK430H-B」。実売価格1万1000円前後という手ごろな価格が魅力です

人気VRゲームがほぼ60fpsと快適!

 さて最後にパフォーマンスをチェックしてみましょう。今回はRadeon RX 590を搭載する「Phantom Gaming X Radeon RX590 8G OC」を中心に下記の構成のデスクトップPCを組み上げて、光の剣でリズミカルにターゲットを切り裂く音ゲー「Beat Saber」、ゾンビが蔓延する終末世界を舞台にしたガンシューティング「Arizona Sunshine」、本格的なボクササイズで運動不足を解消できる「BOXVR」をプレイしてみました。また合わせてVR用PCとしてのパフォーマンスを計測する「VRMark」も実行しています。

VTuber向け自作PCパーツ一覧
CPU AMD「Ryzen 5 2600」(6コア/12スレッド、3.4~3.9GHz) 2万700円前後
CPUクーラー AMD「Wraith Stealth」 0円(CPUに同梱)
マザーボード MSI「B450 GAMING PLUS」(AMD B450) 1万600円前後
メモリー CORSAIR「CMK8GX4M2A2400C14」(4GB×2、DDR4-2400) 9900円前後
SSD Cruicial「CT500MX500SSD1/JP」(SATA3) 8100円前後
GPU ASRock「Phantom Gaming X Radeon RX590 8G OC」(8GB) 3万2000円前後
電源 ANTEC「NeoECO Gold NE550G」(550W、80PLUS GOLD) 7000円前後
PCケース Thermaltake「Versa H26」 4300円前後
OS Microsoft「Windows 10 Home 64bit 日本語 DSP版」 1万6400円(パーツと同時購入)
合計   10万9000円前後

※1月22日調べ

 今回はパフォーマンスの目安となるフレームレートを計測するために、前述のユーティリティー「AMD Link」を使用しました。結果はBeat Saberが平均89fps/最小81fps/最大90fps、Arizona Sunshineが平均56fps/最小40fps/最大60fps、BOXVRが平均60fps/最小43fps/最大60fpsというもの。なお、フレームレートの増減幅を抑えるように、コンテンツによっては最大フレームレートが60fpsに設定されています。

 いずれにしても、どのVRコンテンツでも平均フレームレートは最大フレームレートとほぼ同じ値を示しています。実際にプレイした感想としても、フレームレートの低下はまったく体感できません。またVRMarkでは、HTC ViveやOculus Riftなどでの標準的なVRコンテンツに対するパフォーマンスを計測する「Orange Room」でVR Readyの1.57倍に相当する7859というスコアーを記録しています。

 以上の結果から、Radeon RX 590を中心に組み上げた今回の自作PCは最新VRコンテンツを快適にプレイできるだけのパフォーマンスを備えていると言えそうです。

"Beat Saberのフレームレートは平均89fps/最小81fps/最大90fps
Arizona Sunshineのフレームレートは平均56fps/最小40fps/最大60fps
BOXVRのフレームレートは平均60fps/最小43fps/最大60fps
標準的なVRコンテンツに対するパフォーマンスを計測する「Orange Room」のスコアーは7859

 RadeonでVRコンテンツを楽しんでいる方は現在は少数派かもしれませんが、コストパフォーマンスがよくて、配信&録画が手軽、そしてFreeSync液晶で第3者視聴も快適と多くのアドバンテージがあります。11万円を切る価格で作れるRadeon RX 590搭載VR対応デスクトップPCを、ぜひ皆さんも制作してみてはいかがでしょうか?

Radeon RX 590なら、OS、ディスプレー込みで11万円を切る価格で快適なVRマシンがゲットできますよ!

●関連サイト

この記事もおすすめ

PAGE TOP