AMD HEROES

twitter
facebook
line

DOA6をコスパ重視で遊び倒すビデオカードとは?

DOA6が60fpsでヌルヌル!Radeon+FreeSync 2で快適プレイできる環境を探る (3/3)

Radeonの最小フレームレートが高くDOA6が安定感高く遊べた!

 検証は4つのビデオカードを、グラフィック機能未実装ながら低価格を実現した「Ryzen 5 2600」(6コア12スレッド、3.4~3.9GHz)搭載デスクトップPCに装着して、DOA6がどのくらいのフレームレートで動作するのかを「Fraps 3.5.99」で計測した。検証環境は以下のとおり。

「検証機の主な仕様」
CPU AMD「Ryzen 5 2600」(6コア/12スレッド、3.4~3.9GHz)
ビデオカード ASUS「ROG-STRIX-RX580-O8G-GAMING」、ASUS「ROG-STRIX-RX590-8G-GAMING」、ASUS「ROG STRIX-GTX1060-O6G-GAMING」、ASUS「ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMING」
マザーボード MSI「B450 GAMING PLUS」(B450 AT)
メモリー CORSAIR「CMW16GX4M2Z2933C16」(16GB DDR4-2933)
システムドライブ サンディスク「SDSSDHII-480G-J25C」(256GB SSD)
データドライブ ウェスタン・デジタル「WD20EFRX」(2TB HDD)
OS Windows 10 Pro 64bit

 DOA6の設定は、標準だとフルHDなので、液晶ディスプレーの最大解像度に合わせて2560×1440ドットに設定。画質設定は、「エフェクトの品質」だけ標準の「低」から「高」に上げ、より戦闘がキレイに見える環境にして検証を行なった。

ディスプレーの解像度は2560×1440ドット(フルスクリーン)。「影の解像度(背景)」は「x4」、「影の解像度(キャラクター)」は「x1」、「エフェクトの品質」は「高」、「物理オブジェクトの表示」は「ON」にして検証

 結果は上記の通り。最大フレームレートがFrapsの表示だと60を超えているが、ゲームの最大解像度で頭打ちになっていると考えて良い。注目すべきは最小フレームレートで、戦闘中必ずしも同じ表示になることはないので、あくまで参考値になるが、Radeonの2枚だけが43fpsと最も高く、平均フレームレートで勝っているGTX 1660 Tiよりも高い結果を得た。平均フレームレートでは、Radeon RX 590もややGTX 1660 Tiより低いが、Radeonはシーンによって極端にフレームレートが落ちず、優秀であったことがわかる。

 また、あくまでASUS製品に限ったことにはなるが、今回のフレームレートの結果を踏まえ、製品の実売と1フレームレートあたりの単価を表にしてみた。

製品名 実売価格 1フレームの単価
ROG-STRIX-RX580-O8G-GAMING 3万4500円前後 約627円
ROG-STRIX-RX590-8G-GAMING 4万6000円前後 約801円
ROG STRIX-GTX1060-O6G-GAMING 5万円前後 約924円
ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMING 5万5000円前後 約936円

 結果、1フレームあたりの単価が最も安かったのはRX 580で、次いでRX 590という結果になった。

どのビデオカードも30fpsを下回ることがないので、かなり快適にプレイできた。ぶれて見えるのは写真だけ。実際にプレイしているときは遅延やちらつきはほとんど感じなかった

コスト重視ならRX 580
今後も考えるならRX 590がオススメ

 今回の検証でプレイしてみた感想としては、最大フレームレートがどれもゲームの最大フレームレートに達しているため、体感としてはほぼ同じ。あくまでコスト重視で選ぶならRX 580、今後の別のゲームのことも考えれば、GTX 1660 Tiよりも1万円あんかでほぼ平均フレームレートに差がないRX 590が望ましいだろう。

 デスクトップPCの最大のメリットはすべてのパーツを交換できることにある。家庭用ゲーム機、たとえばPS4だとストレージなら交換できるが、デスクトップPCならCPUやメモリー、ビデオカードの交換も可能だ。また、家庭用ゲーム機だと、新しいゲーム機が発売されたら、最新ゲームは新しいゲーム機がないと遊べないが、デスクトップPCならビデオカードだけ交換してしまえば、最新ゲームを快適に動作させて遊ぶこともできる。

デスクトップPCの場合は、ケース側面を開ければ、すぐに各パーツにアクセスできる。数多くのパーツから自分に必要かつ好みのパーツを取り付ける楽しさもPCならでは。周辺機器も豊富で、ゲームを自分に合った環境で遊び倒せるのが最大の魅力だ

 今回の結果は、あくまでRadeon搭載機にオススメなFreeSync 2対応液晶に合わせた結果であったが、DOA6のようにHDRに非対応のゲームを中心に遊ぶことを考えているなら、応答速度が速く、高リフレッシュレートで、解像度が4KのFreeSync液晶を選び、よりハイエンドなビデオカードと組み合わせ、高解像度な映像美を楽しむのもあり。

 これからPCでゲームをプレイしたい、今のPCスペックに不満があるといった人は、まずはコスパの良いRadeonシリーズの購入を検討してみてはどうだろう。

●関連サイト

この記事もおすすめ

PAGE TOP