AMD HEROES

twitter
facebook
line

国内未発売の50周年記念品! 「Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary」の実力を検証 (1/3)

国内未発売のRadeon RX 5700 XTのAMD設立50周年記念モデル

 AMDから期待のGPUであるRadeon RX5700/5700 XTが登場し、性能的にもボリュームゾーンでライバル社とも戦えるようになってきた。Radeon RX VEGAシリーズがグラフィックスメモリに高価なHBMを使用していためやや高価であったが、Radeon RX 5700/5700 XTシリーズではGDDR6を採用することによりコストパフォーマンスにも優れたグラフィックスカードとなっている。

 そんなRadeon RX 5700シリーズにもスペシャルモデルが用意されているのだ。その名も「AMD Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary」である。既に発売されているCPUのRyzen7-2700X 50th Anniversaryと同様にAMD設立50周年記念を謳うモデルとなっている。

Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary

 残念ながら、このモデルは日本国内では購入することができない。今回はヨーロッパから輸入代理業者を利用して入手することができた。日本ユーザーから見るとコレクター向けのアイテムとなるだろう。

 日本国内では購入できないが、何故か日本語の製品ページは用意されているのである。
https://www.amd.com/ja/products/graphics/amd-radeon-rx-5700-xt-50th-anniversary

Radeon RX 5700 XT 50th Anniversaryは普通の5700 XTと何が違う?

 AMD設立50周年記念モデルということだが何がスペシャルなのだろうか? Ryzen 7 2700X 50th AnniversaryではAMD CEOであるLisa Su氏のサインが印字されたCPUやTシャツのもらえるキャンペーンなどがあった。

 これに対して、50th Anniversaryは立派な化粧箱に収められており、グラフィックスカード自体は50周年記念のオリジナルデザインの冷却ファンを搭載した、GPUのオーバークロック仕様となっている(後述)。特にゲームやノベルティが付属しているわけではなく、CPUの時と比べるとややシンプルな内容だ。

 Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary(以下50th Anniversaryと記載)とRadeon RX 5700 XT(以下5700 XTと記載)の主なスペックを表にまとめてみた。

Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary Radeon RX 5700 XT
演算ユニット数 40 40
GPUクロック 1680MHz 1605MHz
GPUクロック(ブースト) 1980MHz 1905MHz
GPUクロック(ゲーム) 1830MHz 1755MHz
半精度計算性能(ピーク) 20.28TFLOPs 19.51TFLOPs
単精度計算性能(ピーク) 10.14TFLOPs 9.75TFLOPs
VRAMタイプ GDDR6 GDDR6
VRAM容量(最大) 8GB 8GB
VRAM帯域(最大) 448GB/s 448GB/s
消費電力(Typical) 235W 225W
推奨電源 600W 600W

 スペックを確認すると、演算ユニット数やメモリ帯域は同一でありGPUクロックが50th Anniversaryの方が約4%高くなっており、演算性能も同様に約4%高くなっている。このことから、50th Anniversaryは5700 XTのクロックアップ版であると言える。消費電力も10W上がっているがほぼ同等と考えて良いだろう。

 逆に言えば5700 XT搭載でGPUクロックが4%オーバークロックされたグラフィックカードが登場すれば50th Anniversaryとほぼ同じ性能になると考えられる。

この記事もおすすめ

PAGE TOP