AMD HEROES

twitter
facebook
line

Mini-DTXマザーボードに最適なPCケースはどれか、実店舗で探ってみた! (3/6)

ジサトラハッチ/ASCII

カラバリが多く色にコダワリたい人にはアリ

 この次に試したのはRAIJINTEKの「METIS PLUS(OR200058)」。実売価格は5300円前後。全8色とカラーバリエーションが多く、小型で色にこだわった構成を考えている人にはもってこいの製品だ。

 サイズ的にはROG Crosshair VIII Impactを収めるのにピッタリな感じなのだが、標準で搭載しているケースファンが、I/Oポートを冷やすファンに干渉してしまったため、ケースファンを外してから取り付ける必要があった。

余裕はあまりないが、特に問題なくROG Crosshair VIII Impactを収められた
ただし、ROG Crosshair VIII Impactを取り付ける際は、一度標準で付属しているケースファンを取り外す必要がある

 METIS PLUSはATX電源に対応。マザーボードの横に電源を取り付けるため、今まで紹介したPCケースと異なり、CPU付属のクーラー以外に大型のCPUクーラーも搭載できる余地がある。

 また、2スロット対応だが、ケースの上部に取り付けられた3.5インチベイを取り外せば、厚さ的には3スロットのビデオカードが取り付けられるかもしれない。

Qi充電やLEDで光る機能を備え、魅せるケースとしては◎

 次に試したのは天面にQiの無線充電領域を持つInWinの「A1-RGB」。実売価格は1万8500円前後。Qi対応のスマートフォンなどを天面に置くだけで充電ができる優れモノで、それゆえに標準で600Wの電源を備えている。

 ビデオカードは厚さ55mm、長さ320mmまで対応しているので、ROG-STRIX-RX5700XT-O8G-GAMINGもギリギリ大丈夫そうだ。

CPUクーラーは十分入るスペースがあるため、割と小型ながらハイエンドな構成もイケる。ただし、標準の電源が取り外せないため、ケーブルの取り回しなどは、やや大変そうだ
天面のマークの上にQi対応のデバイスを置くと充電が可能

 サイドパネルはスクリューレスで開けられる強化ガラス製。閉じた状態でも中が見えるため、光るパーツとの相性もイイ。底面にはLEDを備えているので、RGBヘッダーを備えるROG Crosshair VIII Impactなら苦も無く光らせられる。

この記事もおすすめ

PAGE TOP