AMD HEROES

twitter
facebook
line

アンダー3万円ミドルの新星「Radeon RX 5500 XT 8GB版」の実力やいかに? (3/4)

加藤勝明(KTU) 編集●ジサトラハッチ/ASCII

新しくなったRadeon Softwareで検証

 それでは今回の検証環境を紹介しよう。今回は納期の都合上VRAM 4GB版は諦め、RX 5500 XTのVRAM 8GB版のパフォーマンスをチェックする。比較対象としてRX 590とRX 570(TBPは120WでRX 5500 XTに近い)、さらに実売2万6000~2万9000円のGTX 1660搭載カードを準備した。

 検証機はPCI Express Gen4に対応しないインテル製プラットフォームを使用したが、RX 5700シリーズレビュー時にゲームではGen3とGen4に違いは出ないと判明しているので、ここから先に提示されるベンチマークの結果は、全てGPUの地力の差と考えてよいだろう。

 また、ドライバーは検証時点における最新版、すなわちRX 590/570は19.12.1、GeForceは441.41となる。RX 5500 XTについてはUIの刷新やさまざまな新機能が追加された(詳細は既報を参照)19.12.2のβ版を使用しているが、Radeon Boostなどのパフォーマンス向上系機能はすべてオフとし、RX 590/570と同等の環境で検証を行なっている。

【検証環境】
CPU Intel「Core i9-9900K」
(8コア/16スレッド、3.6~5GHz)
マザーボード GIGABYTE「Z390 AORUS MASTER」
(Intel Z390)
メモリー G.Skill「F4-3200C14D-16GTZR」×2
(DDR4-3200 8GB×4、DDR4-2666で運用)
ビデオカード ASRock「Radeon RX 5500 XT Challenger D 8G OC」
(Radeon RX 5500XT)
ASRock「Phantom Gaming X Radeon RX590 8G OC」
(Radeon RX 590)
Sapphire「PULSE RADEON RX 570 8G GDDR5 DUAL HDMI/DUAL DP OC W/BP」
(Radeon RX 570)
ASUS「PH-GTX1660-O6G」
(GeForce GTX 1660)
ストレージ WesternDigital「WDS100T2X0C」
(M.2 NVMe SSD、1TB)Intel「SSDPEKNW020T8X1」
(M.2 NVMe SSD、2TB、データ用)
電源ユニット SilverStone「ST85F-PT」
(850W、80PLUS Platinum)
CPUクーラー NZXT「Kraken X72」
(簡易水冷、360mmラジエーター)
OS Windows 10 Pro 64bit版
(November 2019 Update)
β版ではあるが、UIと機能が大きく変わった「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition」のHome画面
従来の「Wattman」にあたる温度やクロックの監視画面
RX 5700シリーズと同様にRX 5500XTでもFluid Motion Videoの項目は認められなかった。RX 590だとFluid Motion Videoの項目が左下に出現するので、無視されているわけではない

この記事もおすすめ

PAGE TOP