AMD HEROES

twitter
facebook
line

1万円台で6コア!第3世代「Ryzen 5 3500」は低予算PC自作をどう変える? (3/4)

加藤勝明(KTU)  編集●ジサトラハッチ/ASCII

低予算システムでのパフォーマンスをみる

 今回の検証では、比較対象として上位モデルのRyzen 5 3600、そして戦略的な仮想敵であるCore i5-9400Fを準備した。また、Ryzen 5 3600のSMTをオフにした状態とも比較してみる。

 また、CPU以外のパーツについては時間的&物理的な制約上、比較的低予算で準備できるものを中心とした。具体的にはマザーはB450、SATAのSSD、そしてビデオカードはRadeon RX 5500 XTといった具合である。メモリーはXMPを有効にし、各プラットフォームの定格で運用、さらにCPUは冷却条件を揃えるためENERMAX製のTDP130W対応の小型空冷クーラーをチョイスした。

【検証環境:AMD】
CPU AMD「Ryzen 5 3600」
(6コア/12スレッド、3.6~4.2GHz)
AMD「Ryzen 5 3500」
(6コア/6スレッド、3.6~4.1GHz)
マザーボード ASRock「B450 Steel Legend」
(BIOS P3.20)
メモリー G.Skill「F4-3200C16D-16GTZRX」
(DDR4-3200、8GB×2)
ビデオカード GIGABYTE「GV-R55XTOC-8GD」
(Radeon RX 5500 XT)
ストレージ Crucial「CT1050MX300SSD4/JP」
(M.2 SATA SSD、1.05TB)
電源ユニット Silverstone「ST85F-PT」
(850W、80Plus Platinum)
CPUクーラー ENERMAX「ETS-N31」
OS Windows10 Pro 64bit版
(November 2019 Update)
【検証環境:Intel】
CPU Intel「Core i5-9400F」(6コア/6スレッド、2.9~4.1GHz)
マザーボード MSI「Z390-A PRO」
(BIOS 7B98v18)
メモリー G.Skill「F4-3200C16D-16GTZRX」
(DDR4-3200、8GB×2、DDR4-2666で運用)
ビデオカード GIGABYTE「GV-R55XTOC-8GD」
(Radeon RX 5500 XT)
ストレージ Crucial「CT1050MX300SSD4/JP」
(M.2 SATA SSD、1.05TB)
電源ユニット Silverstone「ST85F-PT」
(850W、80Plus Platinum)
CPUクーラー ENERMAX「ETS-N31」
OS Windows10 Pro 64bit版
(November 2019 Update)
「CINEBENCH R20」のスコアー

 SMTが利用できるRyzen 5 3600に対し、SMTが無効化されたRyzen 5 3500のスコアーはマルチスレッド性能において30%弱下がっている。SMTを無効化したRyzen 5 3600との差は極めて小さく、「CINEBENCH R20においては」L3キャッシュ半減のデメリットは明確に感じられるレベルではない、といったところだ。ライバルとなるCore i5-9400Fに対してはマルチスレッド性能で約7%シングルスレッド性能で約11%のアドバンテージを得ている。実売価格が2000円程度安いのに約10%性能が高い、というのは極めて大きな魅力といえる。

 続いては総合ベンチマーク「PCMark10」から、Standardテストの結果を比較してみよう。総合スコアーのほかに、各テストグループ別のスコアーも比較してみる。

「PCMark10」Standardテストのスコアー
「PCMark10」Standardテスト、Essentialsテストグループのスコアー
「PCMark10」Standardテスト、Productivityテストグループのスコアー
「PCMark10」Standardテスト、DCC(Digital Contents Creation)テストグループのスコアー

 CINEBENCH R20よりもマルチスレッド性能が重要でないベンチであるため、Ryzen 5 3500と3600の差は5〜8%程度にとどまっている。差が大きいのはDCC(Digital Contents Creation)テストグループだが、これは動画エンコードやCGレンダリングといった作業が入っているためだ。

 Core i5-9400Fに対しても総合スコアーで3〜4%しか伸びていないが、Essentialsテストグループでは特にWeb Browsingのスコアーの差が大きい。Webブラウジング主体の使い方なら、圧倒的にRyzen 5 3500の方が快適であることを示している。

この記事もおすすめ

PAGE TOP