AMD HEROES

twitter
facebook
line

AMD佐藤氏とジサトラハッチが秋葉原のPCショップで人気パーツを聞きまわる「さと散歩」第1回 後編 (1/3)

※この記事はASCII.jpからの転載です(文中リンクはASCII.jpの記事に飛ぶことがあります)

 YouTubeのAMDHEROESJPチャンネルで配信している、AMDファンのための生放送番組「AMD HEROES WORLD」。最新のAMD製品に関する情報や最新パーツの性能検証、ゲームの話題まで幅広くお届けしている。

 そんな「AMD HEROES WORLD」でおなじみの日本AMD マーケティングスペシャリスト 佐藤美明氏が、AMDゆかりの場所やオススメのスポットを紹介する、名付けて「さと散歩」がスタートした。

※ASCII編集部では現在、秋葉原の店舗での取材を原則として中断しています。本記事の取材は、3月27日に行なっています。現在は休業、営業時間を変更している店舗が含まれています。

 第1回の舞台となったのは秋葉原。アニメや漫画の聖地として知られる一方、PCパーツショップも多く軒を連ねる日本屈指の電気街だ。

 初回のゲストは、自作虎の巻こと“ジサトラ”メンバーである、本誌ASCII.jpではお馴染みのAMD担当ジサトラハッチ。前回の「さと散歩」第1回 前編記事では、「TSUKUMO eX.」、「ドスパラ 秋葉原本店」に訪れた際の様子をお届けした。

 そこで、今回は秋葉原にある、他の3店舗に伺った際の模様をお届けしたい。当日の様子は、AMDHEROESJPにて、随時動画にて公開される予定だ。本記事と動画の両方を見てもらえると、より楽しめるでしょう。

(※各店舗のパーツ価格や店舗状況は、取材を行なった3月27日時点のものです。)

「Ryzen愛」がハンパない!
ドスパラ 秋葉原本店

 鮮やかな青色が目を引く店構えの「ドスパラ 秋葉原本店」。サードウェーブが運営する老舗のPCショップで、近年人気の“eスポーツ”にも力を入れている。自社のゲーミングブランドである「GALLERIA」をはじめとしたゲーミングPCや、各種ゲーミングデバイスも取り揃えた店舗だ。

 2階のPCパーツフロアを訪れた一行の目に飛び込んできたのは、フロアに入ってすぐ目に入る場所に設置された「Ryzenコーナー」。AMD HEROESで公開している「第3世代RyzenとRadeon RX 5000シリーズで組む自作PC組立マニュアル」の冊子が鎮座するこのコーナーで店員の真弓さんからお話を伺ったところ、ドスパラ店員さんたちの熱い「Ryzen愛」を知ることになった。

2階のフロアへの階段を上がってすぐ目に入る場所に、Ryzenコーナーが設置されている。「第3世代RyzenとRadeon RX 5000シリーズで組む自作PC組立マニュアル」の冊子も展示。初めてPC自作をする人向けに、PCを組む手順が一から解説されている
ドスパラ店員の真弓さんにお話を伺ってみると、ドスパラ 秋葉原本店にはAMD好きなスタッフが多く、展示にもかなり気合が入っている様子
真弓さんのオススメCPUは、最上位の「Ryzen Threadripper 3990X」。64コア/128スレッドという圧倒的な性能で、40万円台という価格にも関わらず発売当初から問い合わせが多くあったという
Ryzen Threadripperコーナーが設置され、店舗オリジナルの解説ボードも。店員さんたちが実際にRyzen ThreadripperでPCを組んだ上でオススメポイントを紹介しており、グラフやイラストもついて見やすい
店員さんたちのRyzen用オススメマザーボードランキングなどが張り出されていたり、AMDの純正CPUクーラーはショーケースですべて展示されていたりと、Ryzenコーナーはかなりの力の入れようだ

 ドスパラ 秋葉原本店は、Ryzen ThreadripperのほかにもRyzen 9やRyzen 7など、上位のモデルが売れ筋とのこと。やはりオススメマザーボードも上位CPU向けのモデルになる。Ryzen Threadripper向けのモデルは、ASRockの「TRX40 Taichi」。SFチックな見た目のかっこよさや、Ryzen Threadripper向けとしては珍しいATXフォームファクターなどがポイントとのこと。

耐久性にも定評のあるTRX40チップセット搭載のASRockの「TRX40 Taichi」

 また、Ryzen 9向けのマザーボードとしては、MSI「MEG X570 UNIFY」がオススメだという。Wi-Fi 6対応や3本のヒートシンク付きM.2スロット、電源回路の安定性などを備えながら、約3万円というX570マザーボードとしてはコスパがいい点などが魅力。

引き締まった黒にワンポイントのLEDという渋いデザインも人気の秘訣であるMSI「MEG X570 UNIFY」。内部を落ち着いた感じにしたい人にはオススメだ
オススメのビデオカードは、ちょうど「MEG X570 UNIFY」の横に展示してあったMSI「Radeon RX 5700 XT EVOKE OC」。上品な金色のデザインが目を引く製品で、その美しさから発売後すぐに店頭に展示したのだとか
ドスパラこだわりのAMD展示には、佐藤氏とジサトラハッチ氏も感服した様子

この記事もおすすめ

PAGE TOP