AMD HEROES

twitter
facebook
line

第9世代のCore i9も軽く上回る!? ノートPC向け「Ryzen 4000シリーズ モバイルプロセッサー」搭載の開発機で性能を検証 (1/3)

加藤勝明(KTU) 編集●ジサトラハッチ/ASCII

※この記事はASCII.jpからの転載です(文中リンクはASCII.jpの記事に飛ぶことがあります)

Ryzen 4000シリーズ モバイルプロセッサーで
ノートPCの性能は爆発的に向上する?

 ここ2〜3年でCPU業界の勢力図がAMD寄りに大きく変化したことは改めて言うことでもない。だがモバイル(ノートPC)は、まだインテルの地盤が強いジャンルといえる。その強固な岩盤に楔を打ち込むために生まれたのがRyzen Mobileシリーズだ。

 Ryzen Mobileはデスクトップ向けAPUと同様に、内蔵GPU(Vega)を搭載し、安くて多コア構成を武器とする。2019年に第2世代Ryzen Mobileが投入され、そして今年2020年は7nmプロセスの第3世代Ryzen Mobile、巷では「Renoir」(ルノワール)として噂されていたラインが主力となる。

 デスクトップ向けRyzenでも第3世代のパワーアップ感は凄まじかった(特にコア数)ため、第3世代Ryzen Mobileに関しても期待をするなというのが難しい。とりわけライバルのCPUはプロセスルールの点で足踏み(一応Cannon Lake等10nm世代の製品は存在するが……)気味なので、7nmプロセスのRyzen Mobileの“強者”感が引き立つ。

 今回はMSIが先日発表したフルHD(1920×1080ドット)ゲーミングノートPC「Bravo 15 A4DDR」(リンク先は米MSIのサイト)の“開発機”をお借りし、簡単ではあるが第3世代Ryzen Mobile、つまりRyzen 4000シリーズ モバイルプロセッサー搭載ノートPCの大まかな実力をチェックしたい。

MSIが先日発表した「Bravo 15 A4DDR」。5月初頭時点での国内での販売予定などについては未定となっている

Ryzen Mobile 4800H+Radeon RX 5500Mの組み合わせ

 まずは簡単にBravo 15のスペック面だけを確認しておこう。CPUは第3世代Ryzen MobileのRyzen 7 4800H。8コア(C)/16スレッド(T)でブースト時最大4.2GHz、さらにCU(Compute Unit)7基の内蔵GPU(Vega7)も備える。

 Ryzen 4000シリーズ モバイルプロセッサーについては、既に大原氏が詳しく解説しているのでそちらを参照して頂きたいが、デスクトップ向けの第3世代Ryzenとプロセスルールやコアの基本設計は同一としながらも、L3キャッシュを1/4に減らし、モノリシックダイに作り替えたものだ。

 第3世代Ryzenは、CPUコアと周辺部を別ダイに切り分けることで歩留まりを改善し、メニーコア化の突破口を開いたが、今のノートPCだと極端なメニーコアは不要なので、全部統合した方が熱設計的にもコスト的にも有利、といったところだろうか。

「CPU-Z」でBravo 15に搭載されているCPUの情報を拾ってみた。右下のキャッシュ欄を見ると、L3が「2×4MB」になっている点に注目
同じ第3世代でもデスクトップ向けのRyzen 7 3700Xだと、L3キャッシュ構成は「2×16MB」になる
Ryzen 4000シリーズ モバイルプロセッサーのメモリーはDDR4-3200またはLPDDR4-4266が定格だが、今回テストした開発機のメモリーはDDR4-2666で動いていた。公式ページでもメモリーのスペックは明らかにされていないし、開発機なので変更される可能性は十分にある
エンコードで全コアに負荷をかけた時のタスクマネージャーの様子。全コア稼働だと3.47GHz動作となった。表記が英語なのは検証機が英語版Windows 10だったためだ

 GPUに関してはCPU内にVega7を搭載するほか、別途Radeon RX 5500Mを搭載する。Ryzen Mobile+GeForceという組み合わせが多く見られる中で、Ryzen Mobile+RadeonはAMDファンにとってはたまらない構成だ。

 Ryzen 4000シリーズ モバイルプロセッサーの売りの機能のひとつである「Smart Shift」は、CPUとGPUの状態を常にモニタリングし、冷却力や供給電力を融通し合う機能であるが、Radeon RX 5600M以上のGPUのみが対応するため、残念ながらSmart Shiftの機能を試す事はできなかった。7nmでエントリークラスのRadeon RX 5500Mでは意味がないのだろう。

Ryzen 7 4800Hに内蔵されているGPUの情報を「GPU-Z」で拾ってみた。SP数は448なので、64で割ればCU数7基であることがわかる
検証機に搭載されていたRadeon RX 5500Mの情報。SP数1408基はデスクトップ版のRadeon RX 5500 XTと共通。CPUとの接続もデスクトップと同じPCI Express x8になっている

この記事もおすすめ

PAGE TOP