AMD HEROES

twitter
facebook
line

フルHDで平均100fps以上!PC版「DEATH STRANDING」推奨PCの性能とオススメPCをご紹介 (1/5)

ジサトラハッチ 編集●ASCII

※この記事はASCII.jpからの転載です(文中リンクはASCII.jpの記事に飛ぶことがあります)

 7月14日に満を持して登場したPC版の「DEATH STRANDING」。世界的に知られるゲームクリエイター小島秀夫氏が手掛け、2019年から2020年にかけて数々の賞を受賞した話題作だ。

 ゲームの概要などについては、過去記事を参照して欲しいが、PC版は21:9のウルトラワイドディスプレーに対応。

 さらに、最大240fpsの高フレームレートでのプレイが行なえる。もちろん、PS4版でも対応しているHDR(従来のSDRよりも明るさの表現幅が広い表示技術)も利用可能。対応ディスプレーを使えば、より自然でリアルな描写でゲームが楽しめる。

 そんなPC版「DEATH STRANDING」は、実際にどれほどのスペックのPC、液晶ディスプレーを使えばイイのか分からない人もいると思うが、国内では最近何かと話題のAMD製CPU&ビデオカードを搭載した推奨PCの販売が開始されている。

 そこで、実際にTSUKUMOが販売する「G-GEAR デス・ストランディング推奨PC | ハイエンドモデル」をお借りして、性能をチェックしてみた。

「G-GEAR デス・ストランディング推奨PC | ハイエンドモデル」の主なスペック
CPU AMD「Ryzen 9 3900X」
(12コア/24スレッド、3.8~4.6GHz)
ビデオカード AMD「Radeon RX 5700 XT」
(8GB GDDR6)
メモリー 16GB
(DDR4-3200、8GB×2)
ストレージ 1TB SSD
(NVMe M.2接続)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
(DVD±R 2層書き込み対応)
インターフェース DisplayPort出力×3、HDMI出力、USB3.1 Type-C、USB3.1 Type-A、USB3.0×8、ギガビットLAN他
サイズ/重量 190(W)×475(D)×435(H)mm/約12kg
OS Windows 10 Home(64ビット)
直販価格 21万9780円

送料は含まない。以下、全製品とも同じ

この記事もおすすめ

PAGE TOP