AMD HEROES

twitter
facebook
line

【AMDチップセットマザーボードレビュー第34回】

ワンポイントのLEDがクール!ゲーミング用途もこなせるASUS「PRIME X570-P/CSM」 (1/2)

文● 石川ひさよし 編集● AMD HEROES編集部

製品名:PRIME X570-P/CSM
メーカー:ASUS
実売価格:2万3000円前後

 ゲーミングマザーボード登場以降はスタンダードマザーボードというイメージのASUS PRIMEシリーズ。ただし、スタンダードだから激安モデルというわけではない。よく見ていくと、安定動作に必要な部分にはコストをかけつつ、ゲーミングマザーボードとは異なるスタンダードマザーボードらしさがよく分かる。今回紹介するのは、そんなPRIMEシリーズのAMD X570チップセット搭載モデル、 PRIME X570-P/CSMだ。

「PRIME X570-P/CSM」の主なスペック
対応ソケット Socket AM4
チップセット AMD X570
フォームファクター ATX
メモリースロット DDR4×4(最大128GB)
対応メモリークロック DDR4-4400(OC)~3400(OC)、DDR4-3200~2133
拡張スロット PCI Express 4.0 x16×1、PCI Express 4.0 x16(x4)×1、PCI Express 4.0 x1×3
ストレージインターフェース SATA 3(6Gbps)×6、M.2(PCIe4.0 x4/SATA)×2
ネットワーク 1Gb LAN(Realtek RTL8111H)
サウンド 7.1ch HDオーディオ(Realtek S1200A)
リアインターフェース USB 3.2 Gen 2 Type-A×4、USB 3.2 Gen 1 Type-A×2、USB 2.0×2、HDMI×1、PS/2×1、オーディオ端子×3など
M/B上インターフェース Aura RGB LEDヘッダー×2、アドレサブルGen 2ヘッダー×1、USB 3.2 Gen 1 Type-Aヘッダー×2、USB 2.0ヘッダー×2、S/PDIF×1など

 PRIMEシリーズのブラック/ホワイトカラーは少しハデな印象もある。しかし、PRIME X570-P/CSMは、バックパネルのI/Oシールドカバーなし、M.2スロットは2つあるが、ヒートシンクなしでシンプルな構成だ。一昔前はこうしたマザーボードが主流だった。

M.2ヒートシンクはなし。2つのスロットは#1が2280サイズまで、#2が22110サイズまで対応している
Serial ATA 3.0は4ポートが垂直、2ポートが水平端子で計6ポート

 CPU電源回路は、AMD X570マザーボードの最廉価クラスと比べると強化されている。まずCPU電源端子は8+4ピン。最小限の8ピンだけとはせずに4ピンを追加しているため、余裕があると言えるだろう。回路が12フェーズ構成なので、この部分も余裕がある。

CPU電源端子は8+4ピン
12フェーズ電源回路

 PWMコントローラは同社の「Digi+EPU」。MOSFETはVishay「SiC639」。ハイサイドとローサイドのMOSFETを1チップに統合したDrMOSだ。このあたりの部品のグレードはミドルレンジと言えるだろう。その下流のチョークは高効率を謳うAlloy Chokes。特徴的なのはコンデンサで、チョークの先にはFPCAPを用いる一方、ほかの部分に用いられているものはAPAQ製になっている。耐久指標としては5000時間品で同じだが、重要部分には定評あるFPCAPという選択だ。

PWMコントローラはDigi+EPU
MOSFETはVishay製DrMOSの「SiC639」
コンデンサはコストと耐久性のバランスを取った配置

 VRMヒートシンクはソケット上部、左側に別れた2ピースのセパレート構成。複雑に彫り込まれたアルミ製ソリッドタイプのヒートシンク。シンプルな構造だが、冷却には問題ない。チップセットヒートシンクは小径ファンを搭載するアクティブクーリング方式。

シンプルでそこまで巨大ではないが、十分な放熱面積のVRMヒートシンク
アクティブクーリング方式のチップセットヒートシンク

この記事もおすすめ

PAGE TOP