AMD HEROES

twitter
facebook
line

【AMDチップセットマザーボードレビュー第35回】

ムダをそぎ落とし、コストを抑えつつ満足度を引き上げたMSI「MPG B550 GAMING PLUS」 (1/2)

文● 石川ひさよし 編集● AMD HEROES編集部

製品名:MPG B550 GAMING PLUS
メーカー:MSI
実売価格:1万5000円前後

 MPG B550 GAMING PLUSは、AMD B550チップセットを搭載したMSIのゲーミングマザーボード中では、もっとも安価なモデルだ。実売価格は1万5000円前後であり、PCパーツ、特にグラフィックスカード価格が異常な高止まりをしている今、ゲーミングPCのコストをどう抑えるか悩んでいる方にとって魅力的だ。それでいて、MPGカテゴリーの特徴と言える機能性、デザイン性も兼ね備えた製品になっている。

「MPG B550 GAMING PLUS」の主なスペック
対応ソケット Socket AM4
チップセット AMD B550
フォームファクター ATX
メモリースロット DDR4×4(最大128GB)
対応メモリークロック DDR4-4400+(OC)~3466(OC)、DDR4-3200~1866
拡張スロット PCI Express 4.0 x16×1、PCI Express 3.0 x16(x4)×1、PCI Express 3.0 x1×2
ストレージインターフェース SATA3(6Gbps)×6、M.2(PCIe4.0x4/SATA)×1、M.2(PCIe3.0x4)×1
ネットワーク 1Gb LAN(Realtek RTL8111H)
サウンド 7.1ch HDオーディオ(Realtek ALC892)
リアインターフェース USB 3.2 Gen 2 Type-C×1、USB 3.2 Gen 2 Type-A×1、USB 3.2 Gen 1 Type-A×2、USB 2.0×4、HDMI×1、DisplayPort×1、PS/2×1、オーディオ端子×3など
M/B上インターフェース RGB LEDヘッダー×1、RAINBOW LEDヘッダー×2、USB 3.2 Gen 1 Type-Cヘッダー×1、USB 3.2 Gen 1 Type-Aヘッダー×1、USB 2.0ヘッダー×2など

 まず電源回路を見てみよう。CPU電源端子は8ピン1基のみなので、OCは可能なものの、定格運用が前提の方向性だ。一方、電源回路は10+2+1フェーズ。8ピン1基に対しては比較的余裕のある構成に見えるが、おそらく効率を上げ、熱を抑える意味合いで多めのフェーズを構成しているのではないだろうか。

 上位モデルのようにダイレクト駆動ではなくフェーズダブラーを利用している。そしてDrMOSではなくハイサイド/ローサイドのMOSFETをそれぞれ搭載することでコストを抑えている。いわゆるミドルレンジ以下、エントリークラスモデルで採用されるレイアウトと言える。

EPS12Vは1基のみ
CPU電源回路は10+2+1フェーズ

 PWMコントローラはInfineon Technologies「IR35217」 を採用している。Infineon製であることに加え、グラフィックスカードなどでも採用例を見るあたり、出力は十分と見られる。一方、MOSFETはエントリークラスマザーボードでよく見られるハイサイドとローサイドを別チップとした設計だ。採用されていたのはON Semiconductorの「NTMFS4C024N」と「NTMFS4C029N」。

PWMコントローラはInternational「IR35217」
MOSFETはON Semiconductor「NTMFS4C024N」と「NTMFS4C029N」の組み合わせ

 VRMの冷却には、最近の同社製マザーボードで特徴的なI/Oシールドパネル部分まで用いた大型ヒートシンクを採用している。ソリッド構造だが、VRM直上のみのものと比べて放熱面積が大きい。10+2+1フェーズで発熱自体を抑え、大型ヒートシンクが効率的に放熱という仕組みだ。

シールド部分まで一体化した大型ヒートシンク
VRMヒートシンクに用いられる熱伝導パッドは7W/mK仕様

 そのほかのヒートシンクは、チップセット部とM.2スロットに配置されている。コスト重視のモデルでは省かれることも多いM.2ヒートシンクだが、MPG B550 GAMING PLUSでは、システム用ドライブに用いられることの多い#1スロットにこれを搭載している。#1スロットはCPU直結でPCI Express 4.0 x4対応なので、これが搭載されていることの安心感も大きいだろう。

チップセットヒートシンクは、上位モデルと比べればやや小ぶりだが、シンプルで見た目がよい
シンプルだが大きめのM.2ヒートシンク。システム用の高速SSDをしっかり冷やせる

 ストレージはそのほかにM.2 #2、そしてSerial ATA 3.0が6ポートある。Serial ATA 3.0ポート付近はPCB基板をカットしてデザインにアクセントを添えている。合わせて、ゲーミングマザーボードで重要なグラフィックスカード用のPCI Express x16スロット#1には、金属カバーを装着して補強している。こうした点が、MPG B550 GAMING PLUSのゲーミングマザーボードらしい特徴だ。

6ポートをまとめて配置しており、その部分のPCBをカットしてデザインアクセントにしている
PCI Express x16スロット#1は補強されている

この記事もおすすめ

PAGE TOP