AMD HEROES

twitter
facebook
line

Ryzen採用で8万円以下から買える、「VAIO FL15」は家族用にポチりたい (1/3)

飯島範久 編集●ASCII.jp編集部

※この記事はASCII.jpからの転載です(文中リンクはASCII.jpの記事に飛ぶことがあります)

 9月28日に発表、予約を開始し10月6日に発売された、VAIOの新シリーズ「VAIO FL15」。これまで、VAIOの15インチノートといえば、インテルのCoreプロセッサーHラインを搭載したハイスペックなオールインワンモデル「VAIO S15」があるが、コンシューマー向けというよりビジネス向けだった。

 一方、今回の製品の位置づけは、よりコンシューマーが購入しやすい価格設定にし、コスパのよい製品を目指したもの。VAIO株式会社としてはラインアップを拡充させパソコンの拡販を目指す上で重要な挑戦と言えよう。

 価格もVAIOとしては挑戦的な8万円を切る7万9200円からで、VAIOストアや大型量販店、そしてAmazon VAIOストアから購入できるようになっている。ソニーストアではなくAmazonから買えるというのも新たな挑戦だ。

 今回は、そんな「VAIO FL15」を実際に使ってみたのでレビューしていきたい。

15インチノートPC「VAIO FL15」

この記事もおすすめ

PAGE TOP