AMD HEROES

twitter
facebook
line

Renoirのデスクトップ版「Ryzen PRO 4000Gシリーズ」3モデルの性能を検証 (1/5)

加藤勝明(KTU) 編集●ジサトラハッチ/ASCII

※この記事はASCII.jpからの転載です(文中リンクはASCII.jpの記事に飛ぶことがあります)

Ryzen PRO 4000Gシリーズは
GPU内蔵CPUのレベルを劇的に押し上げる

 2020年7月30日11時(日本時間)、AMDはRadeonグラフィックス搭載の新APU(GPU内蔵CPU)「Ryzen 4000シリーズ・デスクトップ・プロセッサー」の国内販売を解禁した。型番は既存のRyzenよりも1世代新しいように見えるが、設計的にはCPU部は既報のRyzen 3000/3000XTシリーズと同様のZen2、GPU部はVegaを組み合わせたものだ。

 Zen2+VegaのAPUに関しては、ネット界隈では“Renoir(開発コード)”の名で知られていたものだ。今回AMDは、この新APUをコンシューマー向けの「Ryzen 4000シリーズ・デスクトップ・プロセッサー」とビジネス向けの「Ryzen PRO 4000シリーズ・デスクトップ・プロセッサー」(以下、Ryzen PRO 4000Gシリーズ)の2ラインで展開している。AMD関係者にヒアリングしたところ、PRO付きもPROなしもOEM向けの製品群であり、PCパーツとしての単品販売は想定していないとのことだ。

 だが本邦では、Ryzen PRO 4000Gシリーズのうち「Ryzen 7 PRO 4750G」「Ryzen 5 PRO 4650G」「Ryzen 3 PRO 4350G」の3モデルが、DIY市場に“バルク品”として流通することになった。ここ最近のPC業界では、グローバルで流通しているのに日本は蚊帳の外(いわゆる“おま国”)なことが多かったが、今回は全くの逆なのが面白い。

 価格については既報の通り、Ryzen 7 PRO 4750Gが税込4万3978円、Ryzen 5 PRO 4650Gが税込2万9678円、Ryzen 3 PRO 4350Gが税込2万1978円になっている。国内販売分のRyzen PRO 4000Gシリーズは「CPUのみ」がブリスターパック(AM4系CPUを買うと手にするプラの透明ケースのことだと思われる)入りで提供されるため、基本的にCPUクーラーは付属しないようだ。ただショップによりマザーボードとセット販売、あるいは対応CPUクーラーとセット販売になる可能性は十分考えられる。お買い求めの際はその辺も注意してみるとよいだろう。

今回入手したRyzen 3 PRO 4350Gの検証用個体。型番のPROに注目
同じくRyzen 5 PRO 4650G
同じくRyzen 7 PRO 4750G

 今回は国内で販売されるRyzen PRO 4000Gシリーズ3モデル全てを試す機会に恵まれた。既存のRyzen 3000シリーズやRyzen 3000Gシリーズに比べてどの程度進歩したのか? 今回は解説兼速報ということで、ベンチマークの分量をやや抑え、Ryzen PRO 4000Gシリーズの見どころを中心にお届けしたい。

この記事もおすすめ

PAGE TOP