AMD HEROES

twitter
facebook
line

【AMDチップセットマザーボードレビュー第37回】

コスト重視マザーながらレガシー端子やDebug LEDが便利なBIOSTAR「B550MX/E PRO」 (1/2)

文● 石川ひさよし 編集● AMD HEROES編集部

製品名:B550MX/E PRO
メーカー:BIOSTAR
実売価格:1万2500円前後

 B550MX/E PROは、AMD B550チップセットを搭載するMicroATXマザーボードだ。コスパに優れるBIOSTAR製ということで価格に目が行きがちだが、DVI-DやD-Sub15ピンといったレガシーなディスプレー出力端子を備えていることもあり、“愛着ある機材”をより長く維持する方向性の自作PCに向いている。

「B550MX/E PRO」の主なスペック
対応ソケット Socket AM4
チップセット AMD B550
フォームファクター MicroATX
メモリースロット DDR4×4(最大128GB)
対応メモリークロック DDR4-4933+(OC)~、DDR4-3200~2133
拡張スロット PCI Express 4.0 x16×1、PCI Express 3.0 x16(x4)×1、PCI Express 3.0 x1×1
ストレージインターフェース SATA 3(6Gbps)×4、M.2(PCIe 4.0 x4/SATA)×1、M.2(PCIe 3.0 x4/SATA)×1
ネットワーク 1Gb LAN(Realtek RTL8111H )
サウンド 7.1ch HDオーディオ(Realtek ALC897)
リアインターフェース USB 3.2 Gen 1 Type-A×4、USB 2.0×2、HDMI×1、DVI-D×1、D-Sub15ピン×1、PS/2×1、オーディオ端子×3など
M/B上インターフェース USB 3.2 Gen 1 Type-Aヘッダー×1、USB 2.0ヘッダー×4など

 まずCPUソケット周辺で分かるとおり、見た目は非常にシンプルな設計だ。互換性リストにはもちろん最上位のRyzen 9の記載があり利用できるが、エアフローをはこの部分に積極的に当てるほうが安心だろう。ファンを減らして静音性を重視するパーツ構成にはあまりマッチしないように思える。とはいえ、そこさえしっかりと考慮すれば良いPCが組めそうだ。

 その理由は10フェーズ電源回路にある。EPS12Vが1基のみなのでOC用の設計と言うわけではなく、小さなヒートシンクでも冷やせるように負荷分散を目的とした10フェーズだろう。PWMコントローラはRenesas Electronics「RAA229004」、MOSFETはこの価格帯の製品では一般的だが、ハイサイドとローサイドを個別に実装し、ON Semiconductorの「4C028」と「4C029」で構成されている。

PWMコントローラはRenesas Electronics「RAA229004」
MOSFETはON Semiconductorの「4C028」と「4C029」
コンデンサは台湾APAQ Technology製。刻印から、耐久時間が5Kグレードのものと見られる

 ストレージはSerial ATA 3.0が4ポート、M.2が2スロットだ。Serial ATAポートが少なめだが、4ポートあれば一般のユーザーが古めのSSD/HDDを接続して利用するのに問題ない数と言えるだろう。

 一方で、現在主流のM.2は2スロット利用できる。1番目のCPU直結側はPCI Express 4.0 x4接続に対応、2番目のチップセット経由側はPCI Express 3.0 x4接続に対応するとともに、両スロットともSerial ATA 3.0接続もサポートしている。

 コストパフォーマンス重視でSerial ATA 3.0接続のM.2 SSDを選んだ場合、どちらのスロットでも利用できるため悩まず組み込める。一方で、性能を重視してPCI Express接続のM.2 SSDを選んでも、問題なく搭載できるところがこの設計のよいところだ。

Serial ATAはマザーボード下側に4つ並んでいる
M.2スロットは2基。どちらも2280サイズに対応している

 ほか、メモリースロットは4本あるので小容量のモジュールからスタートして必要に応じて追加していくスタイルにもマッチする。コスト重視なら最初は8GB×2枚や4GB×2枚でスタートするかもしれないが、その後、Windowsの標準が32GBになる時が来ても、2スロットの空きがあれば換装だけでなく追加という形で資産を活用できる。

メモリースロットは4本。低価格のモデルでは比較的多め

 PCI Express x16スロットは、CPU直結側が16レーンで、グラフィックスカードの利用も考慮した2スロット利用可能なレイアウト。もう一方はチップセット経由でPCI Express 3.0 x4レーン動作となる。加えてPCI Express 3.0 x1スロットもある。グラフィックスカード+拡張カード2枚という、一般的なPC用途においては十分な拡張性を持っている。

上からx1スロット、4.0 x16スロット、1つあけて3.0 x4スロット

この記事もおすすめ

PAGE TOP