AMD HEROES

twitter
facebook
line

より快適に、より安定して高性能CPUを利用できるMini-ITX

ASUS ROG GAMINGシリーズのMini-ITXモデル「B350-I」「B450-I」「B550-I」を徹底チェック! (1/3)

文●石川ひさよし 編集●AMD HEROES

 AMD Ryzenプロセッサーの登場から4世代を重ねる一方、チップセットも300/400/500シリーズと進化してきた。そしてPC DIY自体のトレンドも時代に合わせて変わりゆく。そうした変化をもっともよく表しているのがマザーボードだろう。

 今回は、ATXより面積が小さく、実装難易度も高いMini-ITXマザーボードで振り返ってみよう。ASUSの「ROG STRIX」シリーズのMini-ITXモデル、AMD B350の「ROG STRIX B350-I GAMING」、B450の「ROG STRIX B450-I GAMING」、B550の「ROG STRIX B550-I GAMING」だ。

 まずは主な仕様を把握しておこう。ROG STRIX B350-I GAMINGとROG STRIX B450-I GAMINGの仕様は比較的近いが、ROG STRIX B350-I GAMINGはチップセット接続側のM.2(#2)がPCI Express 2.0 x4(約2GB/秒)であるところと、もう1つ映像出力端子が搭載されていない点も大きな違いに挙げられる。

 1つめのM.2スロットは、ROG STRIX B350-I GAMINGがAMD B350の仕様をそのままに利用しているのに対し、ROG STRIX B450-I GAMINGのM.2 #2はビデオカード用PCI Express 3.0 x16をレーン分割して利用しているため、PCI Express世代の違いが生まれている(AMD B450もチップセット下流はPCI Express 2.0世代)。そのため、より高速なSSDを複数利用したいというニーズに応えた仕様になっている。

製品型番 ROG STRIX B550-I GAMING ROG STRIX B450-I GAMING ROG STRIX B350-I GAMING
対応ソケット Soekct AM4 Soekct AM4 Soekct AM4
チップセット AMD B550 AMD B450 AMD B350
メモリースロット DDR4×2(最大64GB) DDR4×2(最大64GB) DDR4×2(最大32GB)
メモリークロック 5000(OC)~3400(OC)、3200~2666MHz 3600(OC)~2800(OC)、2666~2133MHz 3600(OC)~2800(OC)、2666~2133MHz
拡張スロット PCI Express 4.0 x16×1 PCI Express 3.0 x16×1 PCI Express 3.0 x16×1
ストレージインターフェース M.2(PCIe4.0x4/SATA)×1、M.2(PCIe3.0x4/SATA)×1、Serial ATA 3.0×4 M.2(PCIe3.0x4/SATA)×1、M.2(PCIe3.0x4)×1、Serial ATA 3.0×4 M.2(PCIe3.0x4/SATA)×1、M.2(PCIe2.0x4)×1、Serial ATA 3.0×4
ネットワーク 2.5Gb LAN(Intel i225-V)、Wi-Fi 6(Intel Wi-Fi 6 AX200) 1Gb LAN(Intel i211-AT)、Wi-Fi 5 1Gb LAN(Intel i211-AT)、Wi-Fi 5
サウンド 7.1ch HDオーディオ(ASUS SupremeFX S1220A) 7.1ch HDオーディオ(ASUS SupremeFX S1220A) 7.1ch HDオーディオ(ASUS SupremeFX S1220A)
リアインターフェース USB 3.2 Gen2 Type-C×1、USB 3.2 Gen2 Type-A×3、USB 2.0 Type-C(オーディオ)×1、USB 2.0×1、HDMI 2.1×1、DisplayPort 1.4×1、オーディオ端子×3など USB 3.2 Gen2 Type-A×2、USB 3.2 Gen1 Type-A×4、HDMI 2.0b×1、オーディオ端子×3など USB 3.2 Gen2 Type-A×2、USB 3.2 Gen1 Type-A×4、オーディオ端子×3など
M/B上インターフェース USB 3.2 Gen2 Type-Cヘッダー×1、USB 3.2 Gen1 Type-Aヘッダー×1、USB 2.0ヘッダー×1、アドレサブルLED Gen2ヘッダー×1、Aura LEDヘッダー×1、温度センサーなど USB 3.2 Gen1 Type-Aヘッダー×1、USB 2.0ヘッダー×1、AuraアドレサブルLEDヘッダー×1、Aura LEDヘッダー×1、温度センサーなど USB 3.2 Gen1 Type-Aヘッダー×1、USB 2.0ヘッダー×1、RGB LEDヘッダー×1、Aura LEDヘッダー×1、温度センサーなど

 もう1つの映像出力端子が搭載/非搭載については、ビデオカード搭載が前提のゲーミングマザーボードという製品性格に加え、ROG STRIX B350-I GAMINGの発売当時はまだRyzen APUが登場する前(Ryzen以前のSocket AM4 APUとしてBristol Ridgeもあったが……)であったことも挙げられるだろう。当時の300シリーズマザーボードは、ほかにも映像出力端子非搭載モデルが多くみられた。

 ただし、いくらゲーミングマザーボードでも、現役を退いた後の余生をコンパクトなサブPCとして過ごすことも考えられる。そうした際に映像出力端子があればAPUを組み合わせるという選択もでき、低消費電力化が図れるといったメリットが生まれる。

 最新世代のROG STRIX B550-I GAMINGは、それ以前のモデルと比べて大きく変化している。とくにインターフェースの速度だ。メモリーはより高クロックのDDR4-5000までサポートし、PCI Express 4.0世代となり、2.5GbEやWi-Fi 6といった現行最新インターフェースを備えている。フロントにUSB 3.2(Gen2)Type-Cが搭載されたのも、現在のPCの利便性を考えると大きなメリットだ。

 とくに大きな恩恵があるのは、M.2スロットのインターフェース帯域だろう。CPU接続側の#1はPCI Express 4.0 x4(約8GB/秒)に対応しており、最新、最速級のSSDで快適なシステムストレージを組むことができる。また、チップセット接続側の#2も、ビデオカード用PCI Expressと帯域をシェアすることなく、PCI Express 3.0 x4(約4GB/秒)接続の速度を得ることができる。

 CPUやビデオカードが高性能化する中、パフォーマンス(主にレスポンス)の足かせは現在ストレージやネットワークといった部分にあることが多い。最新プラットフォームを利用するメリットはまさにここだ。また、AMD B550は上位のX570に対して(過去と比べると比較的)制限が少ないが、そもそもの拡張性が限られるMini-ITXをベースに検討する場合はより制限が隠匿されるので、Mini-ITXとの相性がよいチップセットといえる。

 このほかに、製品ページに記載ある部分での違いを挙げておこう。まずROG STRIX B550-I GAMINGでBIOS FlashBackに対応を果たしたことは大きい。背面にも専用ボタンを備え、最低限のパーツを接続するだけでUSBメモリーからBIOS更新ができる。

ROG STRIX B550-I GAMINGはBIOS FlashBack機能を搭載

 また、ソフトウェアではROG STRIX B550-I GAMINGから「Armoury Crate」が採用されている。最近になってリリースされた統合ユーティリティであり、単一のインターフェースから各種の機能を呼び出すことが可能になっている。

ソフトウェアがArmoury Crateに進化

この記事もおすすめ

PAGE TOP