AMD HEROES

twitter
facebook
line

【AMDチップセットマザーボードレビュー第38回】

Mini-ITXで2.5Gb LANなど最新I/Fも備え、実用的なコストバランスを実現! BIOSTAR「B550T-SILVER」 (1/2)

石川ひさよし 編集● AMD HEROES編集部

製品名:B550T-SILVER
メーカー:BIOSTAR
実売価格:2万円前後

「B550T-SILVER」の主なスペック
対応ソケット Socket AM4
チップセット AMD B550
フォームファクター Mini-ITX
メモリースロット DDR4×2(最大64GB)
対応メモリークロック DDR4-4400+(OC)~DDR4-3600(OC)、DDR4-3200~2133
拡張スロット PCI Express 4.0 x16×1、M.2 Key-E×1
ストレージインターフェース SATA 3(6Gbps)×4、M.2(PCIe 4.0 x4/SATA)×1
ネットワーク 2.5Gb LAN(Realtek RTL8125B)
サウンド 7.1ch HDオーディオ(Realtek ALC897)
リアインターフェース PS/2×1、USB 3.2 Gen 2 Type-C×1、USB 3.2 Gen 2 Type-A×1、USB 3.2 Gen 1 Type-A×4、DisplayPort×1、HDMI 2.1×1、オーディオ端子×3など
M/B上インターフェース LEDヘッダー(12V)×1、LEDヘッダー(5V)×1、USB 3.2 Gen 1ヘッダー×1、USB 2.0ヘッダー×1など

 BIOSTARといえば、初代Ryzenリリース直後に、当時貴重なMini-ITXマザーボードを投入したメーカーでもある。「B550T-SILVER」はそのBIOSTARの現行世代Mini-ITXマザーボードだ。AMD B550チップセットを搭載するMini-ITXはまずまず多く、その中で比較すると、B550T-SILVERはちょうど標準的な価格帯のモデルだ。SILVERの名のとおり、ヒートシンクがシルバーで、ブラックのPCBとのコントラストが引き締まった印象を受ける。

 BIOSTARらしくヒートシンクはちょうどよいサイズ感だ。低価格モデルほど小さくはなく、デザイン的に見ても存在感がある一方、ハイエンドモデルほど大きすぎない。コンパクトなMini-ITXマザーボードでは、ヒートシンクが大きすぎるとCPUクーラーと干渉することもあり、組み込み作業が大変になる。Mini-ITX初心者にもこれならオススメできるだろう。

 電源回路は8フェーズで、Dr.MOSを採用する。Mini-ITXではATXほど潤沢な回路を搭載するスペースがなく、安定動作を追求する際のバランスが難しい。8フェーズというのはAMD B550搭載Mini-ITXマザーボードの標準的なフェーズ数であり、Dr.MOSを採用することでMOSFETの実装チップ数(同時に面積も)を抑えている。

 実装されているチップは、PWMコントローラがRenesas Electronicsの「RAA229004」。MOSFETはON Semiconductorの「NCP303151」だ。NCP303151は最大50A対応のDr.MOS。CPUソケット周辺のコンデンサは、極薄というほどではないが背が低いタンタルコンデンサを採用し、CPUソケットの近くに実装しつつもCPUクーラーとの干渉を抑えている。

CPU電源端子はEPS12V(8ピン)×1のみ。Mini-ITXでは標準的
PWMコントローラはRenesas Electronicsの「RAA229004」
MOSFETはON Semiconductorの「NCP303151」

 やや少ないと感じるのは拡張性だろう。PCI Express x16スロットが1本なのはMini-ITXなので仕方がないが、M.2スロットも1基、Serial ATA 3.0ポートは4つなのでストレージの拡張性がやや乏しい。

 ただし、PCケースとの組み合わせも考えると過剰な拡張はMini-ITXにとって命取りにもなる。たとえば、一般的にMini-ITXマザーボードの2nd M.2スロットはPCB裏に実装されるが、ここをきっちり冷却するのはなかなか難しい。B550T-SILVERの欲張りすぎないところは、Mini-ITX初心者でも多機能さに悩むことがなく、安定した構成に落ち着くと言えるかもしれない。

Mini-ITXでは珍しく、裏面のM.2スロットはなし
M.2スロットは1基。チップセットの直上にあり、ヒートシンクを共有している。熱伝導パッドを追加すれば、M.2 SSD裏面の熱も逃がせそうだ
Serial ATA 3.0は4ポート

 なお、PCI Express x16スロットには補強が加えられているが、ゲーミングモデルのように全体を覆う金属カバーではなく、ステープルのような方法を採用している。ちなみに無線LAN機能は搭載しないが、アンテナ端子と無線LANカード用のM.2 Key-Eスロットを用意している。

PCI Express x16スロットには、前後に補強が加えられている(PCBを貫通し、裏面でハンダ固定)
Wi-Fiカード用のM.2 Key-Eスロットがある(Wi-Fiカードは別売り)

この記事もおすすめ

PAGE TOP