AMD HEROES

twitter
facebook
line

今なら2つのキャンペーンどちらにも応募可能!?

第2世代Ryzen搭載のディビジョン 2推奨PCの実力はどれほどか試してみた (1/7)

AMD HEROES編集部

 AMDは4月25日にAMD RyzenまたはRyzen搭載BTO PCを購入した人を対象に、次世代AMD Ryzenプロセッサーが200名に当たるキャンペーンを発表した。AMDのRyzenプロセッサーは、2017年に第1世代が登場。価格の割にコア/スレッド数が多く、マルチタスクに向くとして一躍注目を集め、ライバルであるインテルのCPUシェアを奪い続けている。

「次世代「AMD Ryzen」が当たるキャンペーン」に応募するには、AMDの正規販売店の購入証明が必要。キャンペーンサイトには、ヨドバシ.comやパソコンSHOPアーク、サイコムなど参加企業の記載があるが、それ以外の正規販売代理店で購入した場合でも応募できるという。心配な場合は購入店舗で確認するといいだろう。また、そのほかキャンペーンの詳細は、AMD HEROESのキャンペーンページを確認して欲しい

 2018年に発売された第2世代Ryzenは、第1世代に搭載された14nmプロセスのZenを改良し、12nmLPプロセスにシュリンクしたZen+を採用。メモリーも第1世代が最高でDDR4-2666対応だったところDDR4-2933に引き上げられ、第1世代発売初期にで問題(今はドライバーのアップデートにより解消している)となったメモリーの相性問題も安定し、より使いやすくなった。

 そんな話題のRyzenだが、パソコンSHOPアークやインバースネットのFRONTIER、サイコム、TSUKUMO、ドスパラ、パソコン工房といったショップブランドのBTO PCでも採用されている。また、今まさに同BTO PCメーカーから販売されているユービーアイソフトの人気アクションゲーム「ディビジョン2」の推奨パソコン購入キャンペーンが実施されている。

対象となるディビジョン 2推奨PCは、「Ryzen 7 2700X」「Ryzen 7 2700」「Ryzen 5 2600X」「Ryzen 5 2600」搭載機。対象PCショップは、アーク、FRONTIER、サイコム、TSUKUMO、ドスパラ、パソコン工房

 キャンペーンは2019年3月1日(金)から2019年5月31日(金)までにPCを購入した人が対象。PCを購入し、2019年6月16日(日)までにキャンペーンサイトから応募することで、ディビジョン2推奨PC購入者特典であるディビジョン2 Tシャツ(Lサイズ)が毎月13名、ディビジョン2 オリジナルバックパックが毎月2名に当たる。

ディビジョン2推奨PCを購入して、キャンペーンに応募することで、「ディビジョン2 Tシャツ(Lサイズ)」または「ディビジョン2 オリジナルバックパック」が抽選で当たる

「ディビジョン2推奨パソコン購入キャンペーン」は残り5日と迫っている点には注意。今なら冒頭に紹介した次世代「AMD Ryzen」が当たるキャンペーンにも応募できるナイスなタイミングだ。

 AMDは明言していないが、次世代AMD Ryzenプロセッサーは、AMD HEROESにも掲載されている大原雄介氏のCES 2019の記事にある第3世代Ryzenだと思われる。第3世代Ryzenは、既存のRyzenと同じくSocket AM4で動作する。そのため、ディビジョン2推奨PCを購入し、次世代AMD Ryzenプロセッサーが当たるキャンペーンで当選した場合、自分で別途PCを組むまたは購入したBTO PCのCPUと入れ替える(マザーボードのBIOSアップデートは必要)、ということも可能。どちらにせよ、かなりお得になること間違いなし。

 そこで今回は、その気になるディビジョン2推奨PCの実機2台を借りて、性能をチェックしてみた。

この記事もおすすめ

PAGE TOP