AMD HEROES

twitter
facebook
line

最新世代Ryzen&Radeon搭載ゲーミングノートPC最高峰の「G5 15 SE」のポテンシャルを重量級ゲームでチェック! (2/3)

藤田忠 ●編集 ジサトラハッチ

人気、最新タイトルでRX 5600Mの実力をチェック!

 まずは、重量級のゲームを検証する前に、事前に軽いゲームがどこまで快適なのか、高リフレッシュレートのヌルヌル画面でプレイできる、最近eスポーツの大会が盛んな「VALORANT」で確認しておこう。

「VALORANT」は、Ryzen 4000シリーズが内蔵するGPUでもプレイできる軽量級FPS(ファーストパーソン・シューティング)ゲームなので、Radeon RX 5600Mなら120fpsや、144fpsといったフレームレートを維持したプレイも余裕のひと言。

「射撃場(プラクティス)」の「屋外練習場」で、一定コースを移動した際のフレームレート(60秒間)をCapFrameXで記録すると、最も高品質な「高」画質設定でも、平均フレームレートは200fps程度を記録し、最小フレームレート(1%パーセンタイル)も120fps台になっている。

 さらに「中」画質に設定することで、最小フレームレート(1%パーセンタイル)は、130fps台になるので「G5 15 SE プラチナ」モデルで対応するリフレッシュレート144Hzも設定次第でオッケーだ。

VALORANTのフレームレート。屋外射撃場の一定コースを移動した。

 続いては、独特なシステムで話題になったコジマプロダクションの傑作「DEATH STRANDING」や、世界中で人気を博したハンティングアクション「モンスターハンターワールド:アイスボーン」、9月からSteamでも配信が開始された「CONTROL」、13年の時を経て、最新技術でリマスターされた「Crysis Remastered」、人気レースシミュレーションの最新作「Project CARS 3」といった重量級タイトルを「Dell G5 15 SE プラチナ(144Hz・大容量メモリー&SSD・RX5600M搭載)」でプレイ。どの程度の画質設定で遊べるかチェックした。

FidelityFX CASを利用すると
デスストが平均90fps動作に!

 1番手は"デススト"こと、「DEATH STRANDING」で検証。デスストの心打たれるストーリーは、美麗なグラフィックスで堪能したいところ。まずは最高画質でプレイをスタート。冒頭の川を横断するなどした際の平均フレームレートをチェックすると76.2fpsを記録した。さすが最小フレームレート(1%パーセンタイル)は、42.7fpsと60fpsを下回るが、スムーズに冒頭をプレイできた。

 また、「Radeon RX 5600M」は、画質を落とさずにGPUの描画負荷を抑え、フレームレートの向上が可能な「FidelityFX CAS(Contrast Adaptive Sharpening)」を利用できる。「DEATH STRANDING」は同機能に対応しているので、「FidelityFX:CAS機能」を有効にしてフレームレートを確認すると、平均は93.7fps、最小は51.1fpsまで上昇した。キャラのスーツや、背負っているコンテナなどを比べるとその違いは分かりやすいが、美麗と言える画面なので使わない手はない。

DEATH STRANDINGは、FidelityFX CASに対応。フレームレートの向上をねらえる
最高画質設定時
最高画質+FidelityFX:CAS機能 有効、シャープネス 10%設定時。画面全体が柔らかな表現になっている
DEATH STRANDINGのフレームレート。フレームレートが低下しやすい川の中を移動して計測を行っている

高画質テクスチャパックを適用しても
設定次第ではモンハンが60fpsオーバーでプレイ可能!

 大型拡張コンテンツ「アイスボーン」で、さらに重いタイトルとなったMMORPGの「モンスターハンター:ワールド」。高画質テクスチャパック(High Resolution Texture Pack)を適用した最高画質だとハイエンドクラスのGPUが必要になるモンハンだが、通常テクスチャ「FULL」を使ったプリセット「最高」設定で、フレームレートを向上させる「FidelityFX CAS + Upscaling」を有効にすることで、集会エリアを一定コース移動した際のフレームレートは平均79.7fps、最小(1%パーセンタイル)66.1fpsになっている。

 シーンなどでフレームレートは変化するが、プリセット「高」で「FidelityFX CAS + Upscaling」を有効にすれば、平均フレームレートは96.1fpsまでアップするので安心だ。

モンスターハンター:ワールドのフレームレート

この記事もおすすめ

PAGE TOP