AMD HEROES

twitter
facebook
line

「DEATH STRANDING」のロード時間はPCIe 4.0や「StoreMI 2.0」で変わるか?ストレージごとの差を検証

文● 宮崎真一 編集● AMD HEROES編集部

 ほとんどのゲームにおいて、データのロード時間はプレイヤーのストレスになりがちだ。セーブデータだけでなく、ゲームの起動時に多くの時間が掛かり待たされてしまうと、一気に興ざめしてしまうこともあり得るだろう。そのため、HDDよりもアクセス速度に優れるSSDがゲーマーには人気なわけだが、HDDを利用していたユーザーがSSDに変更しようとしても、ゲームの再インストールなどハードルが高い場合がある。そういったハードルを無くす技術が、AMDが提唱する「StoreMI 2.0」だ。

 このStoreMI 2.0は、SSDをHDDのキャッシュとして利用する技術だが、ゲームにおける有用性は、「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ」や「Project CARS 3」、それに「ソードアート・オンライン アリシゼーション リコリス」の検証で確認できた。では、さらにほかのゲームでもテストを行なうべく、今回は「DEATH STRANDING」で、ストレージによるロード時間の差異をチェックしてみたい。

Steamの領域確保でストレージごとに顕著な差
DEATH STRANDINGでもStoreMI 2.0の恩恵は大きい

 DEATH STRANDINGは、KOJIMA PRODUCTIONSが手掛けたオープンワールド・アドベンチャーゲーム。「デス・ストランディング」と呼ばれる超常現象後の世界を舞台に、プレイヤーは伝説の配達人であるサム・ポーター・ブリッジズとなり、さまざまな任務を達成していく。コナミを退社した小島秀夫氏が、企画や脚本、それに監督およびゲームデザインを担当したことから注目を集めたゲームである。

DEATH STRANDINGのタイトル画面

 このDEATH STRANDINGも、セーブデータのロードなどでそれなりの時間を要する。そこで、ゲームの起動時間やセーブデータを選択して、実際にゲームが始まるまでに要する時間を、ストレージごとに比較してみたい。今回も、StoreMI 2.0に関しては、HDDとPCI Express 4.0(以下、PCIe 4.0)接続のM.2 SSDを組み合わせて構築している。

テスト環境
CPU AMD「Ryzen 7 3700X」
(8コア/16スレッド、3.6GHz~4.4GHz)
マザーボード ASRock「X570 Taichi」(AMD X570)
メインメモリー DDR4-3200 8GB×2
ビデオカード Sapphire「NITRO+ RX 5700 XT 8G GDDR6」
(Radeon RX 5700 XT)
システムストレージ Plextor「PX-512M9PeG」
(M.2、NVMe、512GB)
検証ストレージ Seagate「BarraCuda」
(3.5インチHDD、Seriala ATA 6Gbps、2TB)
Seagate「BarraCuda 120 SSD」
(2.5インチSSD、Serial ATA 6Gbps、500GB)
Seagate 「FireCuda 510」
(M.2 SSD、NVMe、500GB)
Seagate「FireCuda 520」
(M.2 SSD、PCIe 4.0、1TB)
電源ユニット SilverStone「SST-ST1200-G Evolution」
(1200W、80PLUS Gold)
OS Microsoft「Windows 10 Pro 64bit版」

 さて、ゲームの起動に先立ち、SteamでDEATH STRANDINGをインストールするわけだが、その際にSteamがディスクに領域を確保する作業が行なわれることは、Steamユーザーなら誰しも経験があるだろう。この領域確保に要する時間が、ストレージごとに大きな違いがあったので、それを確かめておきたい。ここでは、インストール作業を5回行ない、その平均を結果として採用している。なお、StoreMI 2.0は、その仕様上、5回同じことを繰り返し、1回目と5回目の結果を併記している。

Steamでゲームをインストールする際、まずストレージにゲーム用の領域が確保される

 その結果はグラフのとおりだが、HDD(Serial ATA 6Gbps接続)では20分以上の時間がかかるのに対して、SSD(Serial ATA 6Gbps接続)では2分半ほどでその作業が終わっている。M.2 SSD(NVMe接続)では、さらに35秒ほどにまで時間は短縮され、M.2 SSD(PCIe 4.0接続)では30秒と、HDD(Serial ATA 6Gbps接続)の47分の1程度の時間で済んでおり、ストレージの違いによる時間の差異は明白だ。

 この作業はインストールの際の1回だけなので、それほど気にするところではないのかもしれないが、あまりにもストレージごとの差が大きいので、心に留めておいてもらいたい。なお、StoreMI 2.0はゲームのインストールはキャッシュされないので、その効果は表れない。

 では、インストールしたゲームを起動し、タイトルが表示されるまでの時間を計ってみたい。ここでもテストを5回行ない、その平均を結果として採用している。

 さて結果だが、HDD(Serial ATA 6Gbps接続)は45秒弱要するのに対して、SSD(Serial ATA 6Gbps接続)は36秒ほどと8秒の時間短縮を実現している。

 さらに、M.2 SSD(NVMe接続)はそこから1.4秒、M.2 SSD(PCIe 4.0接続)は2.1秒と、わずかではあるが時間が短くなっている点が確認できよう。また、StoreMI 2.0の効果も大きく、1回目はHDD(Serial ATA 6Gbps接続)と変わらない結果だが、5回目はM.2 SSD(PCIe 4.0接続)と肩を並べるぐらいの時間にまで短縮されている。

ゲーム起動時の画面。KOJIMA PRODUCTIONSなど、いくつかのロゴが表示されるが、同時にゲームデータのロードも行なわれている

 さらに、セーブデータのロード時間も比較しておこう。まずは、オートセーブされた箇所から始める「Continue」をタイトル画面から選び、キャラクターが操作可能になるまでの時間を計ってみた。なお、オートセーブは「依頼No.3 大統領の遺体を密かに焼却せよ」を受注したキャピタル・ノットシティにおけるセーブデータだ。

キャピタル・ノットシティの配送センターでのシーン(左)とキャピタル・ノットシティの隔離病棟での1シーン(右)

 その結果だが、HDD(Serial ATA 6Gbps接続)は108秒ほどかかるのに対して、SSD(Serial ATA 6Gbps接続)は94秒弱と、14秒ほど時間が短くなっている。ただ、M.2 SSD(NVMe接続)やM.2 SSD(PCIe 4.0接続)でもSSD(Serial ATA 6Gbps接続)と横並びの結果になっているため、オートセーブのセーブデータを読み込む際には、単なるデータのロード以外の要素で時間を要しているのではないだろうか。なお、ここでもStoreMI 2.0は効果を発揮しており、1回目と5回目では9秒ほどの差が発生している。

Continueを選択し、オートセーブされたデータからゲームの続きを始める際、当然のことながらデータのロードが発生する。DEATH STRANDINGでは、この時間が結構長い
ロードが終了し、ゲームを始めることが可能になったところ

 最後に、セーブデータを指定してからゲームを始める「Load Game」を選択した際のロード時間も比較しておこう。なお、ここでは「依頼No.1 スマート・ドラッグを配送せよ」を受注しているセーブデータを選択している。

 その結果だが、HDD(Serial ATA 6Gbps接続)が40秒要するのに対して、SSD(Serial ATA 6Gbps接続)は32秒ちょっとと7秒以上の時間短縮を実現している。一方、そのSSD(Serial ATA 6Gbps接続)と、M.2 SSD(NVMe接続)やM.2 SSD(PCIe 4.0接続)とでは差がまったく生じておらず、SSDあればロード時間に差異はない。

 また、StoreMI 2.0は、5回目でもM.2 SSD(PCIe 4.0接続)と並ぶまでは至っていないものの、1回目と比べると5秒短縮できている点は評価できよう。

Lead Gameからセーブデータを選択しているところ。今回は、一番下の依頼No.1を選んでいる
セーブデータを選択し、実際にロードが行なわれている画面(左)と、ロードが終了し、ゲームがプレイ可能になったことを通知する画面(右)
ゲーム序盤のスマート・ドラッグという荷物を回収し、セントラル・ノットシティに向かうシーン

NVMe接続やPCIe 4.0接続のメリットはないものの
DEATH STRANDINGでもStoreMI 2.0は有用

 以上の結果から、HDDとSSDの差は誰の目にも明らかだろう。DEATH STRANDINGにおけるゲームデータのロード時間は、SSDにすることで劇的とまではいかないものの、時間を短縮できることは間違いなく、プレイするうえでのストレスを軽減できる。

 ただ、NVMe接続やPCIe 4.0接続のメリットはあまり確認できず、SSDであればあまり差は見られない。また、StoreMI 2.0は、DEATH STRANDINGでも有用で、SSDをキャッシュとして利用することで、HDDの高速化を実現しており、今回の結果でもその効果を確認できたことは大きい。HDDからSSDへの移行に躊躇している人がいるのであれば、ぜひStoreMI 2.0を試してもらいたい。

■関連サイト

この記事もおすすめ

PAGE TOP