AMD HEROES

twitter
facebook
line

「Ryzen 9 3950X」にベストなCPUクーラーはどれ!? 売れ筋簡易水冷クーラー4選を検証 (3/6)

文●藤田 忠  編集●AMD HEROES編集部

独特なLED演出と高い冷却性能で人気のNZXT「KRAKEN X」

 もうひとつの簡易水冷クーラーは、奥行きのある幻想的なLEDイルミネーションをウォーターブロック部に備えるNZXT「KRAKEN X」シリーズの280mmラジエーター「KRAKEN X62」と、360mmラジエーター「KRAKEN X72」だ。

ウォーターブロックの独特なLEDイルミネーションで、昨年大人気となったNZXT「KRAKEN X」シリーズ。
魅せるPCと相性抜群な、インフィニティーミラーによる奥行きある幻想的なLEDイルミネーション

 最大の特徴は、簡易水冷クーラーのなかで最もキレイと言ってもいい、ウォーターブロック部のLEDイルミネーションになるが、冷却性能や、取り付けやすさ、コントロールソフトウェアの使い勝手などといった面も優秀だ。PC内部を彩りつつ、しっかりとCPUを冷やしたい人におすすめの簡易水冷クーラーと言える。

 採用されているファンは、同社製静圧仕様PWMファンの「Aer P」シリーズで、「Aer P140」は回転数500~1800rpm(±300)、風量27.27~98.17CFM、ノイズ21~38dBA。「Aer P120」は回転数500~2000rpm(±300)、風量18.28~73.11CFM、ノイズ21~36dBAになっている。

280mmラジエーターを採用する「KRAKEN X62」。実売価格は1万7500円前後だ
120mmファン×3の360mmラジエーターモデル「KRAKEN X72」。実売価格は2万2000円前後になる
PWMファン「Aer P」シリーズ。ネジ穴部にはゴムが採用されており、振動を抑えている
固定方法はCORSAIRと同じく、マザーボード標準マウンターを使って固定できるようになっている
電源供給やファン制御などのケーブルは、タワー型PCケースの場合、トップ側にくるようになっている

この記事もおすすめ

PAGE TOP