AMD HEROES

twitter
facebook
line

「Ryzen 9 3950X」にベストなCPUクーラーはどれ!? 売れ筋簡易水冷クーラー4選を検証 (5/6)

文●藤田 忠  編集●AMD HEROES編集部

プリセットでは本領発揮できないモデルもある

 「H115i RGB PLATINUM」が、ファン「静か」、ポンプ「安定」。「H150i PRO RGB」は「静か」。「KRAKEN X」シリーズは「静音」と、静音指向になっているデフォルト設定だが、最適とは言えず、冷却性能や静音性がいまひとつだったモデルもある。

騒音値(dBA)
Wraith Prism Cooler 40.4dBA
H115i RGB PLATINUM 33.5dBA
H150i PRO RGB 31.6dBA
KRAKEN X62 44.1dBA
KRAKEN X72 43.8dBA

 処理中の平均温度はNZXT「KRAKEN X」シリーズが優秀で、CPUクロックも4GHzを超えるタイミングが多くなっているが、騒音値は静音PCケースに収めている状態で40dBAオーバーと、動作音が耳につくレベルになっている。

 逆に静音性は抜群だが、冷却性能でいまひとつ奮っていないCORSAIR。とくに360mmラジエーターを採用する「H150i PRO RGB」のCPU温度は平均70.84度、最高80.6度と、空冷CPUクーラー「Wraith Prism Cooler」の次に高くなっている。これはデフォルトプリセット「静か」が要因で、ファンとポンプが低速回転になりすぎている感じだ。実際、ポンプのデフォルトプリセットが「安定」になっており、2400rpm程度で回転する「H115i RGB PLATINUM」では、CPU温度は大きくダウンしている。

 CORSAIR「H115i RGB PLATINUM」、「H150i PRO RGB」、NZXT「KRAKEN X62」、「KRAKEN X72」いずれのモデルも、ひと手間入れることで冷却性能と静音性を高められると言える。続いては、カスタム設定でのパフォーマンスを見ていこう。

この記事もおすすめ

PAGE TOP